「仕事のできない人」は、だいたい"数字に弱い"

物事を印象で推し量るべからず

高コストパフォーマンスベスト3は、「キャノーラ油(31.25kcal/円)」「オリーブオイル(6.47kcal/円)」「いかり豆(4.92kcal/円)」だった。そして低コストパフォーマンスベスト3は、「ヘルシア緑茶(0.07kcal/円)」「眠眠打破(0.10kcal/円)」「フリスクペパーミント(0.11kcal/円)」となった。

転記していてさらに疲労した。しかし、筆者はなぜか調べずにいられない。

「仕事ができる人」への第一歩は“数字の把握”から

「仕事の速い人は150字で資料を作り3分でプレゼンする。」(坂口 孝則著、幻冬舎、1300円+税)。仕事は「数」に置き換えればすべて解決する!テレビでのコメンテーターとしても人気のカリスマコンサルタントがはじめて明かす、驚異の仕事術! 上の書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

「数を把握することです」。

「趣味は?」と聞かれたら、筆者はそう答える。統計上の厳密さは別だ。筆者の述べたエピソードも統計学上の話ではない。統計上の正しさをジャッジするにはサンプル数として少ない。

ただ、物事を印象ではなく、まずは調べてみる。そして可能なら数字で表現してみる。さらに可能なら、そこから自分なりに仮説を立ててみる。おそらく若いビジネスパーソンに必要な能力は、これに尽きると筆者は思う。

筆者の本業はコンサルタントで、テレビのエクスクラメーションマークがどうだとか、そんな調査は完全な個人的嗜好にすぎない。ただ不思議なもので、趣味でやっていたことも、いつか公開の機会を与えられる。

最初の会社に入社した際、「優秀な人は、業務の数字をしっかりと把握している」と聞かされた。そこで筆者は業務のありとあらゆるものを分析していった。退職後、28歳で書籍を書くチャンスがあり、そこから26冊の執筆につながった。

今でも何かわからないとき、「分析したら何かわかるだろう」と思い、ペンを手に取る。難しいことではなく、単にありのままを数えていけばいい。見えている現実は誰でも同じだが、自分だけ理解しているものがある、という洞察こそが、圧倒的な差を生む要因になるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行員の岐路<br>30万人の明日はどっちだ

超低金利、過剰な店舗、デジタル化対応にフィンテックの台頭。大きな課題に直面する銀行の苦悩は、岐路に立たされる銀行員たちの姿でもある。3メガバンクの人事改革、銀行員の転職事情、地銀決算ランキングなど、銀行員必読の特集。