あのSNSがビジネスに使える3つの理由

Facebookを仕事に使うのはシロウト?!

忙しいときは、あなたのほうからせっせとネットワーキングをするのではなく、興味を持ってもらいたい相手のほうから見つけてもらえばいいのです。

言うは易しです。では、リンクトインをどう使えばいいのでしょうか?実は相手から見つけてもらうには、リンクトインのプロフィールを埋めるだけなのです。えっ?「人材紹介会社からメールがいっぱい来る?!」と思った人は、なおさらプロフィールを埋めるほうがいいのです。

理由は、連絡してくる相手に、あなたのことをしっかりと「お勉強」してもらうためです。どんな経歴を持つのか、どんな分野に興味があるのか、参加しているグループではどんなことを発言しているのか等々。得意な分野は「分析」と書いておけば、実際、分析に関連したすごく魅力的な求人の話がくるかもしれません。

リンクトインを使えば、例えば「1週間で1000人と名刺交換!」する必要はありません。とにかく「あなたのプロフィールを作りましょう」が、最初の一歩です。相手のほうから見つけてくれる確率を高めるには、プロフィールを埋めるしかありません。というのも以下のように、プロフィールを埋めていない人と、埋めている人の差は歴然だからです。

・あなたの顔写真を追加すれば、ない人と比べ14倍も相手から見られる

・あなたのスキルを加えれば、ない人と比べ13倍も相手から見られる

・あなたのいる業界が分かれば、ない人と比べ15倍も相手から見られる

・あなたが関心あるグループに所属し、積極的に意見を述べていれば、そうでない人と比べ5倍も相手から見られる

リンクトインは、こちらからせっせとネットワーキングをしなくても、プロフィールの精度さえ高ければ、相手のほうから見つけてくれます。しかも、事前にあなたのことをお勉強してくれるので、最初から的外れな会話を減らせます。

次ページまだ日本人があまり使っていないのも良い!?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。