最新!これが人気スマホアプリ「トップ20」だ

急上昇したタイトル、急落したタイトルは?

IYO / PIXTA

AppAnnieのスマホアプリランキング。今回は4月30日に同社が発表した3月分のランキングについてリポートする。3月分については特別に第20位までのダウンロード、売り上げランキングを掲載する。地域は日本国内。すべてのジャンル(ゲームとゲーム以外のアプリ)を合わせた総合ランキングだ。

まずダウンロードランキングからみていこう。首位はLINE。これは不動の首位といえる。すでにLINEは標準的なコミュニケーション手段となっており、スマホを買いかえたら、まずLINEをダウンロードするユーザーが多いためだろう。ほかにもアップルの無料アプリやツイッター、フェイスブック、ユーチューブなどお馴染みのアプリが上位を占めている。

そうした常連アプリばかりが目立つ中で2位に躍進したのが「ねこあつめ」(ヒットポイント)だ。ねこあつめは、①遊び道具(グッズ)とゴハンを庭先に置き、②ゴハンに惹かれてやってきたねこたちがグッズで遊んでいる姿を観察する、というまったり系のアプリ。猫好きの女性を中心に静かなヒットになっている。

躍進をした「ねこあつめ」に対して急落したのが、「Candy Clush Soda Saga」だ。2月の3位から3月には18位まで落ち込んだ。日本では1月にリリースしたキャンディークラッシュの新作には人気俳優の岡田准一さん、遠藤憲一さんを起用したTVCMが投入された。その効果により一気にダウンロードを伸ばしたが、その効果は長持ちしなかった。

次ページ金額ランキングは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT