こうすれば子どもは「自発的」に学び始める!

「勉強しなさい」を連呼しても効かない

親がどう接すれば、子どものやる気を引き出せるのでしょうか?
親がいくら「勉強をしなさい!」と言っても、本人がその気にならなければどうにもなりません。では親がどう接すれば、子どものやる気を引き出せるのでしょう?
集英社の雑誌LEEのイベント「暮らしのデザインカレッジ 子育てセミナー『子どものやる気の伸ばし方』」で、子育てをしながら女性誌で活躍するモデルAYUMIさんの悩みに、育児教育ジャーナリストのおおたとしまささんが答えました。

どうしたら子どものやる気を引き出せる?

AYUMI:実は3年生になる息子が家でなかなか勉強をしないので、困っているんです。学校から帰ってきて、「玄関で音がしたな」と思ったら、もういないんですよ。その場にランドセルを置いて、玄関にあるサッカーボールを持って遊びに行って、ずっとサッカーをしているんです。そして私が窓を開けて、「○○~、やることあるんじゃないの~!」みたいな(笑)。

おおた:最初から玄関にサッカーボールを置いておくというのは、知恵が発達していますね。「いったん家の中に入ったら、お母さんに何か言われる」とわかっているから。「サザエさん」に出てくるカツオくんみたい(笑)。

AYUMI:そうなんです(苦笑)。どうしたらやる気になるんでしょう?

おおた:勉強でもそれ以外のことでも同じですが、人間が「何かやるぞ」という気持ちになるためにいちばん必要なものは、「安心感」なんです。自分が「認められている」とか「理解されている」と感じられて、安心感があるときに、「じゃあ、新しいことに挑戦してみよう」とか「ちょっと自分を変えてみよう」などと思えるんです。お子さんだけじゃなくて、誰でもそうなのですけれど。

だからまず親は、子どものことを理解してあげる。そこでお子さんは安心感を抱いて「やってみよう」という勇気が湧いてくる。そういうふうになるのが大事かな、と思います。

次ページ具体的方法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。