こうすれば子どもは「自発的」に学び始める!

「勉強しなさい」を連呼しても効かない

親がどう接すれば、子どものやる気を引き出せるのでしょうか?
親がいくら「勉強をしなさい!」と言っても、本人がその気にならなければどうにもなりません。では親がどう接すれば、子どものやる気を引き出せるのでしょう?
集英社の雑誌LEEのイベント「暮らしのデザインカレッジ 子育てセミナー『子どものやる気の伸ばし方』」で、子育てをしながら女性誌で活躍するモデルAYUMIさんの悩みに、育児教育ジャーナリストのおおたとしまささんが答えました。

どうしたら子どものやる気を引き出せる?

AYUMI:実は3年生になる息子が家でなかなか勉強をしないので、困っているんです。学校から帰ってきて、「玄関で音がしたな」と思ったら、もういないんですよ。その場にランドセルを置いて、玄関にあるサッカーボールを持って遊びに行って、ずっとサッカーをしているんです。そして私が窓を開けて、「○○~、やることあるんじゃないの~!」みたいな(笑)。

おおた:最初から玄関にサッカーボールを置いておくというのは、知恵が発達していますね。「いったん家の中に入ったら、お母さんに何か言われる」とわかっているから。「サザエさん」に出てくるカツオくんみたい(笑)。

AYUMI:そうなんです(苦笑)。どうしたらやる気になるんでしょう?

おおた:勉強でもそれ以外のことでも同じですが、人間が「何かやるぞ」という気持ちになるためにいちばん必要なものは、「安心感」なんです。自分が「認められている」とか「理解されている」と感じられて、安心感があるときに、「じゃあ、新しいことに挑戦してみよう」とか「ちょっと自分を変えてみよう」などと思えるんです。お子さんだけじゃなくて、誰でもそうなのですけれど。

だからまず親は、子どものことを理解してあげる。そこでお子さんは安心感を抱いて「やってみよう」という勇気が湧いてくる。そういうふうになるのが大事かな、と思います。

次ページ具体的方法は?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT