大学生が「食塩水の濃度」を計算できない驚く現実 「やり方」の暗記だけを教えられてきた悪影響

拡大
縮小
(写真:Masami/PIXTA)

最初に次の問題を見ていただきたい。

塩25グラムを水100グラムに溶かすとき、食塩水の濃度を求めよ。

「溶液に含まれる特定の成分の割合」という意味を理解しておけば、

食塩水の濃度=塩(g)/{塩(g)+水(g)}×100(%)

であることはすぐにわかる。したがって、答えは「20%」である。ところが、「溶液に含まれる特定の成分の割合」という意味を理解せずに、単に上の公式だけを暗記するものだから、公式を忘れると、

食塩水の濃度=塩(g)/水(g)×100(%)

という誤った式で濃度を求めて、「25%」という誤答を得てしまうのである。そもそも、「クラスにおける女子の割合」と言えば、

女子の人数/(女子の人数+男子の人数)×100(%)

であることは誰もが認めるだろう。これさえ思いつけば、食塩水の濃度の公式で間違うことはないはずである。

「やり方」の暗記だけを教える教育の悪影響

現在、日本の大学生で「25%」と答える者が少なくない。もちろん大学ごとに状況は異なるが、理系の大学生にも「濃度」を一から教え、文系の大学生にも「確率の意味(同様に確か)」を一から教えている光景は珍しくない。

背景には小中学生に対する算数・数学の教育が、「やり方」の暗記だけですませているところが多くある。さらに、高校での教育を真面目に考えれば、そのような問題点に気づくはずと思うが、実態は違う。

昨年、ある高校の数学教諭や高校長から、次のことを同じように言われたことがある。「先生のような方が、ウチの高校で数学を教えると、呆れると思います。教科書準拠のドリルの答えをそのまま覚えさせるか、やり方を暗記させるだけです」という指摘である。

次ページ暗記教育で誤魔化すしかない現場の事情
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT