津波災害 減災社会を築く 河田惠昭著

津波災害 減災社会を築く 河田惠昭著

巨大津波に襲われた東日本沿岸。この地震・津波常襲地帯にどれだけの防災、減災の措置が施され、有効だったのか。これから検証されることになるが、その直前までの「弛緩した行動」に、「必ず来る」として警鐘を鳴らした書。

明治・昭和三陸大津波(1896、1933年)では2度にわたり、住民全員が死亡した集落が存在したが、今回はどうか。津波防波堤が造られたものの、その海側に再び市街地が広がっていった地域はどうなったか。被害を最小限に抑えようとする「減災」の視点は、復興にも欠かせない。

津波は「避難すれば助かる」。いつ、どのように、どこまで避難すればいいか。それを考える基本的な知識を与えてくれる。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?