上司と部下は「つーかー」になんてなれない

実はその指示、全然伝わっていません!

「そんな面倒な!」と思われる方もおられるでしょう。同じ職場で、同じ業務に就き「言わなくてもわかるだろう」という感覚を持つのは自然なこと。「つーかー」という表現があるように、言わなくてもわかり合える間柄はとても美しく、理想的です。

しかし、それは長い時間と膨大なやり取りの積み重ねを経て生み出された、ある種の「特別な関係」であり、一朝一夕にできるものではありません。それを短期間で築けるなんて、単なる幻想です。

「ちゃんと」以外にも、行き違いの多い表現がいくつかあります。たとえば、「後で」という言葉。これもたびたにトラブルを起こす言い方です。たとえば「後で報告して」と言われたら、内容にもよると思いますが、どのくらいの期間の間に報告したらいいのでしょう。

5分後? それとも3日後?

私が行った研修で「後で」が指す期間の印象・感覚を尋ねたところ、答えは実に5分~数日まで、大きな開きがありました。5分で回答が来ると思っている上司が翌日まで待たされるなんて、我慢ならないわけです。相手への不満がむくむく湧いてくることになりかねません。「相手も同じような感覚を持っている」という意識をいま一度改め、期間や程度に関する内容も、できるだけ具体的に提示してみてください。

曖昧表現には、ほかにも「できる限り」「適当に」「十分に」などがあります。これらの言葉が習慣化しているという上司の皆さん、要注意です。

日本には、「察する」という文化があります。これは奥ゆかしく、相手を思いやるいい文化である一方で、「言わなくても察しろ」という要求の押し付けになる危険もはらんでいます。

チャットやメールでのやり取りが一般的になり、リアルなコミュニケーショントレーニングの機会を失ってしまっている人が多い中、「察する」スキルを身につけるのが難しくなっています。

さらに最近の若手社員には「聞くに聞けない」という人が多く、これが「曖昧ワードのコミュニケーション」に加わることで、追い打ちをかけているケースがあります。これはプライドが高い割に自己肯定感の低い「ゆとり世代」を中心に多く見られる現象です。

「聞くに聞けない」状態に陥ってしまう要因の一つは、普段から「簡単なやり取り」をしていないことです。いわゆる日常会話、悪く言えばムダ話。これらを避ける傾向が、いざというときに「聞けない」という状況を助長している可能性があります。

次ページなぜ「聞けない」状況になっている?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT