最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

小売業はセブン&アイがイオンを抑える

小売業は昨年に引き続き2強の争い。トップのセブン&アイ・ホールディングス(545.6点)に対して2位イオンは543.5点と僅差。人材活用、環境、企業統治+社会性はイオンが上だが、財務はセブンが大きく上回った。3位丸井グループ(508.1点)、4位三越伊勢丹ホールディングス(497.6点)と百貨店勢が続く。

不動産業トップは三菱地所(501.1点)。業種的に問題となりやすい政治や行政との癒着防止などコンプライアンス面には特に力を入れる。オフィスビルやマンションなどでの太陽光発電導入やCO2排出削減にも積極的。

2位は昨年4位から上昇した三井不動産(495.8点)。以下、3位野村不動産ホールディングス(466.9点)、4位イオンモール(465.7点)と続く。

トップの三菱地所でも総合136位と順位は高くない。全体的に人材活用の得点が低い傾向にある。障害者雇用率、有休取得率、管理職への女性登用などが後れている企業が多く、業界全体の課題といえそうだ。

サービス業は電通(517.6点)がトップ。開発途上国で商品購入と社会課題をマッチングさせるマーケティングプログラム開発や社員による小学生のコミュニケーション力育成プログラム実施など独自の取り組みを行う。以下、2位セコム(512.8点)、3位ベネッセホールディングス(487.4点)、4位楽天(481.0点)、5位オリエンタルランド(456.4点)と続く。

業種別ランキングは順位だけでなく、どの部門の得点が高いかを総合ランキングで確認すると各企業の強みが掴みやすい。人材活用が強いのか、環境なのか、それともバランスよくなのか。こうした点も確認しながら業種別に見ていくと、企業間の実力がわかりやすい。

総合ランキングだけでなくこの業種別ランキングもぜひ参考にしていただきたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT