最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

輸送用機器は総合100位以内に13社

輸送用機器のトップは昨年4位のデンソー(567.9点)。2位は昨年トップの日産自動車(564.7点)。3位トヨタ自動車(562.7点)までが総合10位内。以下、4位ホンダ(552.3点)、5位アイシン精機(548.4点)と続く。13位トヨタ紡織(517.8点)までが総合100位内となっている。

その他製品はトップが大日本印刷(530.7点)、2位は凸版印刷(526.6点)となった。凸版印刷の開示悪化もあり、人材活用は大日本85.5点に対して凸版80.3点と差がついた。2社を追いかけるのが3位アシックス(523.6点)。人材活用96.1点、環境88.7点、企業統治+社会性89.0点と高いレベル。以下、4位ヤマハ(508.2点)、5位トッパン・フォームズ(505.1点)が続く。

電気・ガス業のトップは東京ガス(544.1点)。環境が95.8点と高得点。ISO14001を国内・国外とも100%取得や事業内容とも密接に関係するCO2排出量削減への取り組みなどが評価された。2位は僅差で大阪ガス(543.2点)。企業統治+社会性は94.8点と東京ガス(90.3点)を上回るが、環境と財務が劣った。3位に電力トップの中部電力(510.3点)が続く。

次ページ次は陸・海・空運/倉庫、情報・通信業、卸売業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT