最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

激戦業種を制したのは富士ゼロックス

鉄鋼/非鉄金属/金属製品のトップはLIXILグループ(536.5点)。ユニセフ「WASHプログラム」に賛同し、トイレ等の衛生設備を中国、フィリピン、ケニアの延べ60校以上の学校に提供。こうしたグローバルな社会課題解決への積極的な取り組みなどで企業統治+社会性は93.5点と高得点になった。2位は住友電気工業(536.4点)。人材活用、環境、企業統治+社会性はLIXILを下回るものの財務得点で差が縮まった。

以下、3位フジクラ(506.5点)、4位住友金属鉱山(505.3点)と続く。鉄鋼大手は7位の新日鐵住金(496.8点)が最高。10位ジェイ エフ イー ホールディングス(487.3点)、16位神戸製鋼所(470.2点)とふるわなかった。

機械はコマツがトップ(564.7点)。総合でも機械初のトップ10入りの5位で、さらに上位も見えてきた。2位はダイキン工業(557.7点)。人材活用93.4点、環境98.6点、企業統治+社会性89.0点と環境に強みがある。総合でも13位まで上昇。コマツに続くトップ10も見えてきた。以下、3位クボタ(543.6点)、4位三菱重工業(541.9点)、5位日立建機(518.3点)が続く。

電気機器/精密機器は富士ゼロックス(565.9点)がトップ。2位は昨年トップのキヤノン(563.7点)。人材活用84.2点、環境97.2点、企業統治+社会性91.6点と高いレベルのCSR得点に加え、290.7点とトップクラスの財務得点で総合でも7位と上位に入った。

以下、3位リコー(561.1点)、4位NEC(558.6点)、5位東芝(555.6点)と続く。20位の日本電産でも総合88位(518.6点)という激戦業種だ。

次ページ次は輸送用機器、その他製品、電気・ガス業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT