最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

東京・汐留の電通本社

信頼される会社を、複数のデータから見つけるCSR企業ランキング(総合)。先日紹介した総合ランキング部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。

総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差も大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体だけでなく業種ごとに見ていくことも必要だ。そこで、今回はいくつか業種をまとめた形の上位20社をご紹介する。

まず各業種のトップをまとめた。総合ランキングの上位企業が多いものの59位大日本印刷、136位三菱地所、91位電通はトップ50に入っていない。ただ、これらは業種による差のためで各トップ企業はCSR先進企業と判断してよい。

こうした違いを考慮した上で、各業種を見ていこう。

次ページまずは水産/農林/鉱業/建設業、食料品、繊維製品
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。