最新「CSR企業ランキング」業種別トップ20

ハイレベルな電機、サービスは電通が首位

東京・汐留の電通本社

信頼される会社を、複数のデータから見つけるCSR企業ランキング(総合)。先日紹介した総合ランキング部門別ランキングに続き、今回は「所属業種別から見たランキング」をお届けする(金融・未上場を除く。同業種は別途発表予定、ポイント算出方法など、ランキングについての解説はこちら)。

総合ランキングは大手の製造業が上位となりやすい。ただ、CSR活動は業種・業態により行える内容の差も大きい。そのため、各企業のCSRの取り組みを評価する際は全体だけでなく業種ごとに見ていくことも必要だ。そこで、今回はいくつか業種をまとめた形の上位20社をご紹介する。

まず各業種のトップをまとめた。総合ランキングの上位企業が多いものの59位大日本印刷、136位三菱地所、91位電通はトップ50に入っていない。ただ、これらは業種による差のためで各トップ企業はCSR先進企業と判断してよい。

こうした違いを考慮した上で、各業種を見ていこう。

次ページまずは水産/農林/鉱業/建設業、食料品、繊維製品
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今日も香港から
  • ドラの視点
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
文具業界を揺るがす動乱<br>「コクヨvs.プラス」の全真相

昨年末のぺんてる株をめぐる文具2強によるプロキシーファイト(委任状争奪戦)。両社のバトルには、8月に設立したプラスの卸子会社が2年前の計画で一度頓挫していたことにも伏線が。縮小する文具業界再編をめぐる壮絶な主導権争いに迫ります。