「お金持ちになれる人」か一発でわかる2つの行動 年収「億超え」の人に見られる共通点

拡大
縮小
年収億超えの人たちに共通して見られる行動の傾向とは(写真:PIXTA)
トップクラスの経営者はみな仕事が速い。というより、仕事に着手するのが速い。そう述べるのは、3つの会社を経営して、またコンサルタントとして多くの上場企業のプロジェクトや海外事業に関わっている上岡正明氏。小さなゴールを設定して短時間でクリアすることこそ、お金持ちになる要件と言う。はたして、その秘訣とは。本稿では、新著『年収1億円になる人は、「これ」しかやらない』より、時間を有効に使えるコツを解説する。

小さなゴールを決めて、短時間集中する

お金持ちは、お金だけでなく「自由な時間」も手に入れています。それが可能なのは、インプットよりアウトプットが重要だと知っているからです。そして、アウトプットを増やして、準備やインプットになるべくムダな時間を消費しないような「仕組み」を活用しています。

アウトプットの量を増やすために最も簡単で、効果があるのが「1秒ルール」です。これは、集中力が続かないときなどに、高速で1つのことにフォーカスするコツです。

何かを成し遂げるためには、無駄な仕事や雑念をなくして、目標を達成するタスクだけに集中する必要があります。私はこの力を「フォーカス力」と呼んでいます。フォーカス力を上げるには、「小さなゴールを決めて、短時間集中する」を繰り返します。

ただ、「やらなきゃ」と思いながらも、なかなか行動に移せないこともあります。そのとき、これから紹介する「1秒ルール」をぜひ試してみてください。

ちなみに、このアイデアの元になったのは、長年パニック障害に悩まされ、抗不安薬を20年間も飲み続けていたメル・ロビンズ氏です。そんな彼女の人生は、「5秒ルール」によって激変しました。 行動量が増え、起業するにまでいたったのです。

次ページ有名な「5秒ルール」とは
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT