日本の難民認定率が、わずか0.2%の理由

申請者は10年間で10倍以上に増えるが…

日本の難民認定制度は厳しすぎる?(写真:fpd2010 / PIXTA)

日本政府に「難民」として認定してもらおうと申請する外国人は年々増えているが、実際に難民認定される人数は多くなく、2014年に認定されたのは11人だった――。そんな事実が、法務省の公表データから明らかになった。

難民認定されず、2014年過去最高に

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

法務省入国管理局によれば、2014年の難民認定の「申請者」は5000人(対前年比+1740人)。難民と認定されなかったケースでの「異議申し立て」は2533人(対前年比+125人)だった。

申請と異議申し立ての人数はいずれも、日本で難民認定制度が始まった1982年以降で最多の数字になったという。

しかし、2014年に難民として認定された外国人は11人にすぎず、認定率(対申請者)はわずか0.2%だった。なぜ、このような数字になっているのだろうか。日本の難民認定の現状と問題点について、審査と決定をおこなう法務省入国管理局の担当者に話を聞いた。

日本は1981年に「難民の地位に関する条約」(以下、「難民条約」)に加入し、その翌年、難民認定を始めている。2014年までに日本で認定された「難民」は、累計で633名にのぼる。

次ページ「難民条約」が規定する「難民」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 就職四季報プラスワン
  • 小幡績の視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT