日本の難民認定率が、わずか0.2%の理由

申請者は10年間で10倍以上に増えるが…

日本の難民認定制度は厳しすぎる?(写真:fpd2010 / PIXTA)

日本政府に「難民」として認定してもらおうと申請する外国人は年々増えているが、実際に難民認定される人数は多くなく、2014年に認定されたのは11人だった――。そんな事実が、法務省の公表データから明らかになった。

難民認定されず、2014年過去最高に

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

法務省入国管理局によれば、2014年の難民認定の「申請者」は5000人(対前年比+1740人)。難民と認定されなかったケースでの「異議申し立て」は2533人(対前年比+125人)だった。

申請と異議申し立ての人数はいずれも、日本で難民認定制度が始まった1982年以降で最多の数字になったという。

しかし、2014年に難民として認定された外国人は11人にすぎず、認定率(対申請者)はわずか0.2%だった。なぜ、このような数字になっているのだろうか。日本の難民認定の現状と問題点について、審査と決定をおこなう法務省入国管理局の担当者に話を聞いた。

日本は1981年に「難民の地位に関する条約」(以下、「難民条約」)に加入し、その翌年、難民認定を始めている。2014年までに日本で認定された「難民」は、累計で633名にのぼる。

次ページ「難民条約」が規定する「難民」とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。