業種別「新・企業力ランキング」ベスト20 2015年最新版で読み解く財務の強さ

✎ 1〜 ✎ 76 ✎ 77 ✎ 78 ✎ 最新
拡大
縮小

再建果たしたJALがANAを上回る

「陸・海・空運/倉庫・運輸」トップは日本航空(7位)。公的資金投入で再建後に再上場。負の面がなくなっているため、現在の財務状況は良好。国際線の好調や燃油費下落で2015年3月期は好業績の見込みで次回も上位となりそうだ。

2位は国内線首位のANAホールディングス(139位)。2014年3月期の売上高は日本航空1兆3093億円に対してANA1兆6010億円と大きな差をつけているものの収益性などで及ばず。3位は郵船ロジスティクス(152位)となった。

「情報・通信業」には総合上位が並ぶ。1位ヤフー(2位)、2位NTTドコモ(11位)、3位グリー(18位)、4位KDDI(22位)、5位ガンホー・オンライン・エンターテイメント(27位)、6位ソフトバンク(29位)までが30位内。携帯3社はドコモ、KDDI、ソフトバンクの順となった。20位NTTデータでも全体98位と競争の激しい業種だ。

「卸売業」のトップは昨年に引き続き豊田通商(59位)。2位伊藤忠商事(64位)、3位三菱商事(68位)、4位三井物産(72位)、5位丸紅(110位)などの総合商社大手5社を上回った。

6位は電子書籍作成ソフトなどで急成長中のスターティア(113位)。直近2014年3月期の売り上げは81億円と上場企業としては小規模ながらも総合商社が上位を独占する中、存在感を示している。

次ページ最後は小売り、不動産、サービスなど
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT