ロイヤルホストが50年超も熱く支持され続ける訳 懐かしく+楽しめる、「パンケーキ」も話題に

拡大
縮小
ロイヤルホスト 馬事公苑店
交通量の多い世田谷通りに面した「ロイヤルホスト 馬事公苑店」(東京都世田谷区)。40年以上前に出店した同店の成功で首都圏における知名度が高まった(筆者撮影)
この記事の画像を見る(7枚)

コロナ禍で外食産業も大きな打撃を受けた。だが、時代とともに消費者の意識や飲食の好みは変わるので、もともと同じ外食ブランドが長年続くのはむずかしい。最近でも居酒屋から焼肉店に業態転換して、店名や中身がまったく変わった例もある。

そんななか、ファミリーレストランで半世紀以上の歴史を持ち、今でも好調なのが福岡県発祥の「ロイヤルホスト」だ。1号店が同県北九州市に開業したのは1971年で、現在の店舗数は全国に221店(2022年12月末現在)。競合の「デニーズ」(1号店開業は1974年)とともに、創業以来、同じブランド名で厳しい外食業界を生き抜いてきた。

最初の緊急事態宣言時(2020年春)には大きく売り上げを落としたロイヤルホストだが、2022年度は「年間売上高122.5%・来客数119.7%・客単価102.3%」と好調だ(既存店前年比、親会社ロイヤルホールディングスの発表数値)。

2022年の各月は、上記3部門の数字がすべて前年比100%超を記録した。

これだけ変化が激しい時代に、なぜ「ロイホ」は支持され続けるのか。運営会社の社長に取材し、同ブランドの横顔を紹介しながら、消費者心理を考えてみた。

「年末年始ベスト5」は、おなじみのメニュー

まずは、年末年始の店の現状を聞いてみた。

「3年ぶりに行動規制がない年末年始となり、ロイヤルホストの売り上げは好調でした。コロナ前の2019年と比較しても107%になる見込み(速報値)です。当社グループでは、空港や高速道路のサービスエリアにも別業態店を構えていますが、どこも好調でした」

次ページオニオングラタンスープの人気は絶大
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT