40代「結婚より"恋愛したい"ってダメですか?」 40代男女が「"恋活"アプリ」に殺到する切実事情

拡大
縮小
40代の恋愛
結婚がしたいわけじゃないけど、恋愛はしたいと思い始めた40代。そのニーズに応えるサービスも多く出てきています(写真:JADE/PIXTA)

かつて、恋愛は「若者の特権」というイメージがあったかもしれません。

「40代独身で、結婚ではなく“恋愛がしたい”って言ったらダメですか?」とおっしゃる方がいます。今は“婚活”ではなく、“恋活”を目的としたマッチングサービスも増えています。後述しますが、そこには40代の利用者も多くいます。

「恋愛したい」と思っているのは、少数派ではありません。40代の“恋愛欲求”は高い傾向にあります。

博報堂生活総研の生活定点によると、20年前は「いくつになっても恋愛をしていたい」と考える人は20代が最多でした。しかし今、恋愛したいと考えている人は、20代より40代のほうが多いのです。若い時から恋愛にポジティブなイメージを持っている人たちが、そのまま40代になっていると感じます。

40代女性の恋愛欲求
 
40代男性の恋愛欲求
「いくつになっても恋愛をしていたい」と答えた年代別男女の割合。赤線は20代の割合を起点にしたもの(図表は筆者作成)

40代「恋愛はしたいけど…」

出会いが欲しいという40代の声を聞いていると、「若いときは子どもを持つことも考え、婚活していた時期もあった」という方によく出会います。年齢を重ねて、入籍にこだわる理由がなくなるといいます。

すでに自分の家を持っていたり、離婚歴があったり、自分の生活ペースが出来上がっていたりして、一緒に暮らす家族をゼロから作りたいというほどではないのです。それでも、人生を豊かにするうえでパートナーは欲しい。

ただ、そういった欲求はあっても、出会いに積極的になれない方も多くいます。「婚活実態調査2022」(リクルートブライダル総研調べ)によると、「いつかパートナーが欲しい」と考えている独身者の中で実際にアプリなどのマッチングサービスを利用した経験がある人の割合は、25.3%。じつは4人中1人しか使っていないのです。このギャップをどう考えたらいいでしょうか。

次ページ「合コン」はヤだけど、「お花見」はOK
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT