頭のいい人は「青ペン×A3見開き」だった!

東大生も外資系コンサルも実践している

後から記憶がよみがえる再現性の高いノートとは、全体を一瞬でつかめるノートです。そのために、1回の会議、打ち合わせ、講義は、必ず見開き2ページに収めます。

上の画像をクリックすると、Amazonの販売サイトにジャンプします

携帯に便利な手帳のようなミニサイズのノートや、B5サイズのノートではダメなのか? という質問もよく受けますが、望ましくありません。ノートの大きさは、思考の大きさです。小さい紙面だと、「こんなことまで書かなくていいか」という言い訳を、自らつくることになります。

また、再現性の高いノートを作るためには、関連するものを「何でも貼り付ける」ことをお勧めしています。早稲田塾生は、日本史や世界史の資料集を必ず複数冊もち、切り貼り用に使っているほど。ビジネスパーソンの場合であれば、当日配られた資料や関連情報のコピーなどを、どんどんノートに貼っていきましょう。そのためにも、A3見開きという大きめサイズが最適なのです。

驚きの「7面観音ノート」!!

――「必ず見開きに収める」と強く意識していても、会議が長かったり、メモする内容が多くて収まらない場合はどうしたらいいのでしょうか?

画像を拡大
なにがなんでも見開きで「俯瞰」できるようにする!

いい質問ですね。何が何でも見開きにこだわってください。絵巻物のように長くなっても、両面開きの観音になってもかまいません。写真は慶應SFCに合格した塾生の「7面観音ノート」です。ここまでこだわってくれるとは思いませんでしたが(笑)、一覧性が高く、復習する際にはとても見やすいノートです。

私は塾生たちに「すぐやる・必ずやる・できるまでやる」をことあるごとに提唱してきましたが、「青ペン書きなぐり学習法」の真髄は、「やる」か「やらないか」。どんなに過去に実績があろうがなかろうが、未来に対しては、誰もがアマチュアです。そして、選ぶのは、あなた自身。現在(いま)を変えれば、未来が変わるのだから、青ペンの先には可能性しかないということです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT