頭のいい人は「青ペン×A3見開き」だった!

東大生も外資系コンサルも実践している

いくら熱心に会議に臨んでも、次の日に内容を忘れてしまっては意味がありません。「あれ? 何を話したっけ? 聞いたっけ?」と一から記憶をたどるのは、時間の無駄です。最近はパソコンでログを取る人も多いけれど、考え方は一緒です。ただ、実際にペンを握って書きまくるほうが、“手から脳にスイッチが入り”実感として腑に落ちる、と私は思います。

現役生にも、社会人にも時間がありません。1時間を、2時間、3時間、4時間分として、効率的に使わなければ、もったいない!「何もかも書く」→「再現性の高いノートが完成」→「忘れないうちに見直す」。このステップを繰り返すことで、結果的に時短が実現する。受験生にも、社会人にも通用する――つまり「青ペン学習法」は、単なる受験生に向けてのノウハウ提供ではなく、「限りある時間で最大成果を生む」という、「成功の法則」なのです。

A3見開きで「一覧性」を重視する

――青ペンで記憶していくときは、ノートを科目ごとに分けたりせず、1冊に書くのがルールでした。一方、仕事で会議や打合せの内容を書きなぐるときの「ノートの使い方」で決まりはありますか?

はい、ここでもルールは2つ。

1)ノートのサイズはA4
2)ひとつのテーマを見開き2ページ(A3)に収める
相川秀希(あいかわ・ひでき)
早稲田塾創業者。株式会社アドミッションズオフィスCEO。1958年生まれ。早稲田大学法学部卒業。大学2年生時に、現役合格の専門塾「早稲田塾」設立。「本物の勉強法」ガイダンスを行う中で「青ペン書きなぐり勉強法」を考案し塾内外に広がる。慶應義塾大学竹中平蔵教授との「世界塾」、ハーバード大学、MIT(マサチューセッツ工科大学)、スタンフォード大学などと、革新的カリキュラムを次々と開発している

ここで重要なキーワードは「一覧性」、つまり、ぱっと見て全体がつかめる、ということです。

ひとつのテーマが複数のページにわたっていると、ノートをめくって、行ったり来たりする必要が出てきます。すると内容が俯瞰できないため、理解力が落ちてしまうのです。

実際、外資系で活躍されていたコンサルタントの方から、「ノートの『一覧性』には強いこだわりを持っている」という話を聞いたことがあります。

たとえばロジックツリーなどを書くとき。ページが3ページ、4ページ……と複数の見開きにまたがると、、関係性がわかりにくくなり、思考が妨げられる。だから1枚で「横に」どんどん広げていって、全体を「俯瞰」しながら、個々の関連性を考え、仮説を導き出すのだそうです。

ちなみに外資系コンサルの方々がよく使っている方眼ノートのサイズは、「A3・ヨコ型」。早稲田塾でも、ノートの推奨サイズはA4(見開きでA3)ですから、同サイズ。目指すところは一緒です。

次ページ驚きの「7面観音ノート」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ブックス・レビュー
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • あの日のジョブズは
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT