大学3年生が海外インターンで学んだこと

フィリピンを経てマレーシアの日系企業へ

また、会社のオフィス内は日本人をはじめとして、マレーシア人、マレーシア在住のイラク人、タンザニア人とインターナショナルで刺激的だった。

画像を拡大
職場での加藤さん

「ローカルのスタッフと仕事するのは、とても新鮮な経験でした。よく私たち日本人と、ローカルの彼らと意見がぶつかることもあります。しかし、彼らは現地のことをよく知っているんです。そこから文化や価値観の違いを感じるのは本当に面白いです」

加藤さんはこれらの経験は海外に出たからこそ得られたものだった、と振り返る。

「海外に来ると、自分がゼロになれます。どこの大学や出身というバックグラウンドより、 新しい土地で本当の自分と向き合うことができる。ここにいると、自分は何者で、何がしたいのかという話をする機会をたくさん持ちます」

3月には帰国して就職活動が始まるが、 海外と日本をつなげる仕事がしたいと考えている。加藤さんは、海外に出て日本は本当に素晴らしい国だということに気がついたが、日本の側に海外からの人達を受け入れる土壌が育っていないと話す。

日本のことを愛する人が多い!

「フィリピン、マレーシアで、日本のことを愛する人達を驚くほどたくさん見てきました。しかしたとえば、日本が心から大好きで日本語を身につけた優秀な人たちが、実際に日本に来ると、独特な文化や環境が合わず、数年で母国に帰ってしまう。外国人というだけで不親切な対応を受けたという留学生もたくさん見てきました。多国籍・多民族国家のマレーシアでは、ほとんどの国民が海外からの人にオープンな思考を持っているため、自分は外国人でありながら非常に生活しやすい環境でした。今後は、このような課題にアプローチし、日本と海外をより近くすることに貢献したい」

最後に、これから海外に出ようとする学生にアドバイスをしてもらった。「とりあえず海外に出てみることも大切だと思いますが、その前に一度、そこで自分は何を得たいかということを考えたほうがいい。そして、海外に出たときには現地にいる人との出会いを大切にしてください。積極的に出会いを求め、たくさん話をして、自分の視野が広がっていくのを感じてほしいです」。

加藤さんの言う通り、学生時代における海外経験は、視野を広げることになる。そのことが将来、必ず役に立つことだろう。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あの日のジョブズは
  • 親という「業」
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT