キー局全落ち!「"下剋上"アナ」驚きの大逆転人生 「ABEMA」西澤由夏アナ"超どん底"からの挑戦

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
「ABEMA」西澤由夏アナ
「ABEMA」専属アナウンサーの西澤由夏。小学校時代からの夢を実現したひとりだ(撮影:梅谷秀司)
アナウンサーといえば「テレビ」の時代ではなくなりつつある。サイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資によるインターネットテレビ「ABEMA」の西澤由夏さんは、同局のアナウンサー“1期生”だ。
小学2年生で「アナウンサーになりたい」と願い、中学、高校、大学と進学したが、就職試験ではキー局すべてのアナウンサー試験に“全落ち”。その後、メディア営業の仕事に就きながらも、過去への未練から涙を飲んだ日もあった。
しかし現在は、同局の人気番組を数多く担当するほか、2022年9月発売の青年誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)では表紙と巻頭グラビアを飾るまでに。
かつて「親友にも言えなかった」ほどの挫折を味わいながらも「下剋上」を果たし、みずからの夢を切り開いた西澤アナの「大逆転人生」とは。

夢へ近づくための「学校選び」「ミスコン出場」

アナウンサーになりたい――。小学2年生から3年生への進級時に書いた文集で、西澤アナはすでにそう記していた。

当時、見ていたのは「めざましテレビ」(フジテレビ)を担当していた元・フジテレビアナウンサーの高島彩さんをはじめ、テレビで活躍する女子アナウンサーたち。画面越しに「あのお姉さんたち、いいなぁ。世の中にはこんな仕事があるんだ」と思っていたという。

憧れの世界を本格的に意識し始めたのは、中学3年生で高校受験を控えた頃。

受験校を検討するにあたり、目指したのは「アナウンサーを多く輩出している大学の付属高校」だった。無事に合格して、のちの母校となった中央大学の付属高校へ進学し、夢の世界へと一歩近づいた。

高校から進学し、大学1〜2年生で4つのアナウンススクールに通った。理由は「根っからの心配性」だったから。

「各局ごとのカラーを体感したかったので、テレビ局主催のスクールやアナウンサー出身の方のスクールまで、いろいろなスクールへ通いました。なかには、学生キャスターのオーディションを受けられるスクールもあり、可能性が広がるなら『すべて試してみよう』と思っていました」と振り返る。

「夢の世界」へ近づくため、母校では「ミス中央コンテスト2013」(以下、ミスコン)にも出場した。ミスコン主催団体の関係者に「アナウンサーになりたい」という自身の願いを伝えて出場が決まり、大会では「グランプリ」を獲得

その後、芸能事務所からのスカウトを受け、学生レポーターやイベント司会の仕事を任されることに。また一歩、「夢の世界」へと近づいた。

次ページ「準備万端」で就活に臨んだはずが……
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT