特殊清掃現場があぶり出した「孤独死」の二極化 周囲に助けを求められず、こぼれ落ちる人々

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
孤独死の現場では最後まで遺族が現れないこともある(写真左)。遺体の発見が遅れると体液が床の奥に浸透し、作業工程も増える(写真右)(画像:武蔵シンクタンク)

コロナ禍で二極化が進み、孤独死の現場はより一層過酷になった。長期間放置されればされるほど部屋は激しく損傷し、ウジやハエが大量発生して、清掃費用もかさむ。作業に当たる方も感染症などの危険から、全身防護服に身を包み防毒マスクをかぶるなど、万全の態勢で挑まなければならなくなる。

凄惨な死の現場から社会を見上げると、日本を取り巻く孤立の問題は、より深まるばかりに思える。

大切な何かを物語っている

特殊清掃業者の献身的な仕事によって、部屋は確かに元どおりとなる。しかし私は、キレイになった部屋を見て、いつも思う。私たちはこの現実から、いつまでも目を背けていられるだろうか、と。孤立した人々が、ひっそりと息絶え、ひっそりと葬られ続ける社会を、健全な社会といえるのだろうか、と。

私が見つめてきた現場には、時に自己責任という言葉に縛られ、周囲に助けを求められず、こぼれ落ちた人々の姿があった。それは紛うかたなき日本の暗部である。

壁一枚隔てた向こう側にある孤立、そしてその先にある死は、いつ私やあなたが当事者になってもおかしくない現実を突きつけている。そして私たちが置き去りにした、大切な何かを物語っている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT