遺骨引き取りを拒否する親族が増える意外な事情 横須賀市では「身元判明」の遺骨が9割超

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
遺骨が並ぶロッカールーム
引き取り手のない遺骨が並ぶ横須賀市役所のロッカールーム(写真:記者撮影)
役所に保管される引き取り手のない遺骨。「身元不明者」より「身元判明者」の方が圧倒的に多い理由とは? 特集「1億『総孤独』社会」では、あらゆる世代の孤独と孤立に迫った(一覧はこちら)。

その部屋は、普通のロッカールームだった。壁の向こう側からは、市民と職員の話し声が漏れ聞こえてくる。

週刊東洋経済 2022/11/26号
『週刊東洋経済 2022/11/26号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら。電子版はこちら

棚に並び置かれているのは引き取り手のない遺骨。名称の欄に「不詳」と記された遺骨もあるが、ほとんどは「田中…」「鈴木…」といった名前がある。身元はわかるが、引き取り手がいないのだ。

神奈川県横須賀市役所。案内してくれた地域福祉課終活支援センターの北見万幸(かずゆき)氏はこう語る。

「遺骨はこの部屋に2〜3年ほど安置されます。その間、家族や親族に『お引き取りに来られませんか』と手紙を書くのですが、残念ながら返事はほとんどありません。

電話で直接話せれば少しは違うのでしょうが、肝心の電話番号がわからないのです。結局、引き取り手が現れることなく、遺骨のほとんどは市の無縁納骨堂に移送されていきます」

「身元判明」が「身元不明」を逆転

横須賀市における引き取り手のない遺骨の数は1980年代まで、ほぼ1桁で推移していた。しかし1990年代の後半から急増する。1997年には17柱、2005年には28柱、2014年には60柱に達した。

増加の道程は無縁社会を象徴するようだが、本当に着目すべき数字は別にある。引き取り手のない遺骨のうち「身元が判明している遺骨」の割合だ。

1980年代まで「引き取り手のない遺骨」は、ほぼ「身元不明の遺骨」と同義だった。身元がわからないために引き取り手がいない、というシンプルな理屈だ。ところが1990年代になると状況が変わる。身元が判明しているにもかかわらず引き取り手が現れないケースが増え、1990年代後半には身元判明が身元不明を逆転した。

次ページ身元判明の遺骨が9割を超えている
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT