信者家族「たたかれた子」と親の間の埋まらない溝 「信仰心による体罰」責任を負うのは親だけか

✎ 1〜 ✎ 12 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15
拡大
縮小
エホバの証人が発行する出版物。聖書には体罰の根拠も示されている(編集部撮影)
安倍晋三元首相の銃撃事件後、「宗教2世」たちの存在に注目が集まるようになった。宗教2世とは、特定の信仰や信念をもつ親・家族の元で育った世代のこと。母親の高額献金によって家族が崩壊した山上徹也容疑者の境遇が報じられると、SNS上では山上容疑者にある種の「同情」を寄せる2世たちの声が上がった。
「事件は許されることではありませんが、宗教2世の問題がフォーカスされるようになったことはよかったと思っている」。そう語るのは、東京都内で暮らす孝さん(50代、仮名)。両親は新宗教「エホバの証人」の信者だ。孝さんは幼少期から宗教2世特有の重荷を背負って生きてきた。孝さんと両親、教団の3者間に横たわる宗教2世問題の現実に迫った。

物置の中で寝ていた

「子どもの頃、両親からはとにかくよくたたかれました。家の外に逃げ出すと父親は追いかけてきて、2メートルくらいの竹の定規でたたくんです。たたかれた後も、決して家の中には入れてもらえませんでした。そんな夜は寒さをしのぐため、物置の中で寝ていました」

孝さんは、少年期のつらい過去を振り返る。

週刊東洋経済「宗教 カネと政治」
『週刊東洋経済 2022/10/8号』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。紙版はこちら。電子版はこちら

「普通の家庭であれば、たたく父親を母親が制止したりするでしょう。でもうちは違った。母親が私の身体を押さえつけて身動きできなくなったところを父親がたたくんです。私に逃げ場はありませんでした。あの真面目な両親に、どうしてあんなことができたのか・・・・・・」

キリスト教を母体とするエホバの証人は、アメリカに本部を置く新宗教だ。日本支部は「ものみの塔聖書冊子協会」として政府に宗教法人として認可されている。日本支部によれば、国内で約21万人が伝道活動をしているという。聖書に記されていることを厳格に実践しようとするところに同教団の特徴がある。

次ページ両親が入信した理由は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT