転職して田舎に帰りたい36歳彼女が見落とす盲点 仕事は楽しくないけれど、年収は諦められない

✎ 1〜 ✎ 279 ✎ 280 ✎ 281 ✎ 最新
拡大
縮小
縁もゆかりもない土地で、仕事も楽しくない…。そんな彼女へのアドバイスとは(写真: mits /PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

年収を手放すか、今の仕事をやり続けるか覚悟が決まらない。36歳独身女、経理事務員をしてます。4年前に関西から関東に転勤してきて、知り合いもいない土地でこのまま今の仕事をやり続けるのか?と自問自答を繰り返しモヤモヤする日々を送ってます。というのも、新卒入社から経理事務の仕事なのですが、ルーティンかつミスすると減点方式なのが、飽きもあり自分の適性と離れているなと感じてます。
好きでもない仕事のため縁もゆかりもない土地に居続けることが精神的にきつくなり、関西に帰るために転職活動もしたのですが中々決まらず途中でやめてしまったり。途中でやめてしまった理由は今の年収が手当等含め600万あり、それを手放すことにブレーキがかかってます。あれもこれもではなく、自分が何をいちばん大切にするか、まったく決められません。何かアドバイスをお願いできますでしょうか。
SS 会社員

現状に不安や不満がある際には、往々にしてその原因をあれやこれやと探してしまいますが、その原因と思われるものがリアルさに欠けると行動にはつながらず、「現状維持という名の思考停止」に陥ります。

したがって、ご自身の中で何がいちばん重要なのかをはっきりとさせるため、一度すべてのことを詳細化、具体化するのがよいでしょう。

漠然とした悩みを具現化する

この連載の記事一覧はこちら

すべての悩みに共通のことですが、想像や漠然としたイメージを持っているだけでは、結局のところ行動につながらず、「行ったり来たり」の状態になってしまいます。

人生とは選択の繰り返しです。正しい選択をするために正しい決断を下す。

それが重要であり、その結果として自分の望む人生に徐々に近づいていくものなのです。

そして、正しい決断を下すために必要なのは、正しい情報であり、これを個人のことに当てはめたときにやるべきことは、冒頭に申し上げた詳細化であり、具体化なのです。

次ページ年収を捨てられないのはなぜか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT