目立つ人と「悪目立ち」を分ける進化心理学の説明 「唯一性」は武器にもなれば排除要因にもなる

拡大
縮小
目立ちたいという思いは本能からきている(写真:ふじよ/PIXTA)
目立つことがよいケースもあれば悪いケースもあります。その違いはどこから来るのでしょうか。『最新研究でわかった ”他人の目”を気にせず動ける人の考え方』より、目立つことの仕組み、そして良い目立ち方をするにはどうすればよいか、ご紹介します。

「普通と違うもの」に注意が向かう

「出る杭は打たれる」のが日本社会だと、よく言われます。集団の序列を崩すような行動は常にチェックされ、最悪の場合、集団から排除されてしまいます。

異質なものに目が向くのは、人間の生存本能の1つです。なにか「普通と違うもの」があれば、自分の生命を脅かすものでないか確認しないといけません。そのために、人間は本能的に「普通と違うもの」に注意が向かうのです。

言語学には、有標と無標という概念があります。数ある定義の中で、シカゴ大学の言語学者ジェームズ・D・マコーレーの定義によれば、ある状況で、標準、普通、当たり前のものを「無標」、異質、非標準、逸脱しているものを「有標」と言います。

同じモノでも、状況によって有標にも無標にもなる点にご注意ください。坊主頭の集団に1人だけ長髪の人がいたら長髪が有標、坊主頭が無標です。逆に、長髪の集団に1人だけ坊主頭の人がいたら、そこでは長髪が無標、坊主頭が有標です。

これを人間関係に応用するならどうなるでしょう。会った人に印象を残したい、自分に関心を持ってもらいたいと思ったなら、その環境において自分が「有標」にならないといけない、ということです。

次ページキャラかぶりが嫌がられる訳
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT