就活生諸君、「学歴差別」を直視せよ

納得内定には、大学をとことん使い倒そう

もっとも、この学歴差別、区別というのは、企業は「やっている」「やっていない」の単純な2択ではない。実際は、使い分けているのである。どの大学の学生でも、就職ナビ経由で応募を受け付け、公平に選考するパターンと、上位校だけリクルーターを飛ばしたり、インターンシップに参加させたり、選考の時期を早くしたりというパターンを併用するわけである。ほかにも、優秀層は普通の選考ではなく、スカウトのようなかたちで一本釣りするやり方もある。つまり、学生が認識するのとは別の、いくつかの採用ルートが存在するのである。

HR総研の調べでも、年々、ターゲット校と呼ばれる重点的にアプローチする大学を設定する企業が増えており、2015年卒の速報値では約6割に達していた。

あと、別に差別・区別していなくても、結果として内定者はトップ校だらけということもある。そういえば、この原稿を書いている時に、「どうしても某大手ビール会社に行きたい」という明治大学の学生が、こんな相談をしてきた。「採用実績を調べたら、明治大学からその某大手ビール会社には入っても毎年数人。いや、いるかいないかという状態です。どうすればいいんでしょう?」

他のビール会社は明治大学からもっと採用しているというのだが。明治大学はいまや人気トップクラスの大学で、採用担当者からは「(人気が上がったがゆえに)最近の明治は生意気だ。以前より賢く、洗練されたイメージになっている」という声があるくらいなのだが。

というわけで、まず学歴差別があることを認識しよう。

就活のライバルって誰だろう?

上の画像をクリックすると、Amazonの販売サイトにジャンプします

これに関連して、選抜モデルの話もしておこう。

この件は『「就活」と日本社会』でもかなりのページを割いて説明したのだが、ここでも、事例をもとに考えてみることにする。

突然だが、A社を受ける際のライバルとは誰だろう? 仮に採用予定数を100人、応募者数を1万人とする。

この際、選抜モデルは次の4つに分かれる。

【パターン1】完全自由競争タイプ
 応募者の中から公平に選ぶ。この場合、1万人の中から、9900人を蹴落とし、100人の中に入る競争となる。
【パターン2】自由競争学歴重視タイプ
 応募自体はオープンだが、大学ごとに枠の人数があるタイプ。誰でも選考には参加することができるものの、大学の枠が設定されている大学は有利になる。ライバルは、同じ大学(あるいは同じクラスの大学)の学生ということになる。
【パターン3】学歴バーあり自由競争タイプ
 偏差値◯◯以上に絞る、大学名を限定するなど最初のバーを設け、絞り込む。ただし、そのバーを通過した後は、自由競争である。仮に1万人中、対象となる大学の学生が2500人いたとしたら、2400人を蹴落とし、100人に入る競争になる。
【パターン4】学歴のバーも枠もあるタイプ
 パターン3のように絞り込んだ上で、さらに、大学ごとに枠があるパターン。この場合、ライバルは、パターン2と同様、同じ大学(あるいは同じクラスの大学)の学生ということになる。
次ページまずは自分の大学の就職実績に詳しくなろう
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT