動きながら考える人が動かない人より成果出る訳 運動すると創造性が増すことは科学的に立証

✎ 1〜 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6
拡大
縮小
スウェーデンの天才が「動きながら考える」を強く薦める理由とは(写真:takeuchi masato/ PIXTA)
『運動脳』を上梓したアンデシュ・ハンセン氏は、「アイデアを考えるとき、歩いたり走ったり、有酸素運動をするとひらめく確率が上がる」と話します。体を動かすことで脳の血流が増え、思いつく確率が上がる――同書より、動きながら考える効能について、一部抜粋・編集してお届けします。

「どこで運動するか」は問わない

運動すると創造性が増すことは科学的に立証されている。スタンフォード大学の研究チームの実験がある。

この実験には176名が参加し、創造性を測る数種類のテストを受けた。被験者たちは、屋内や屋外で歩いたり、座って体を休めたりといった様々な条件下でテストを受ける。

この研究論文のタイトル「アイデアを歩かせよう:創造的思考におけるウォーキングの効能」が、結果をそのまま表している。被験者が歩きながらテストを受けた場合、5人に4人の割合で好成績を挙げたのだ。とくにブレインストーミングと新しいアイデアを出す能力で、歩きながらテストを受けた被験者のスコアは、歩かずに受けた被験者を約60%も引き離していた。

環境の変化に刺激を受けると、普段とは違った考え方ができるようになるという説もある。しかし、スタンフォード大の研究では、創造性が増すのに歩いた場所は関係ないと確かめられている。

実験では、大学のキャンパスを歩いた者もいれば、屋内で灰色の壁とにらみ合いながらトレッドミルの上を歩いた者もいた。それでも、両者ともに創造の力は増していた。何名かの被験者は、車椅子でキャンパスの遊歩道を動きまわった。創造的な思考力を高めたのが、環境でなくウォーキングであることを確かめるためだ。この被験者たちは体を動かさないで、屋外を歩いた人たちと同じ環境にいたことになる。

結果、同じ屋外グループでも、車椅子のグループより歩いたグループのほうが創造性が増していた。創造力を高めたのは環境ではない。大切なのは歩いたり、走ったりすることで、場所はどこでもよいのである。

次ページ激しい運動は逆効果
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT