JR九州は、このままでは上場できない

3877億円の「税金」を懐に入れていいのか

一方、最も営業利益を稼いでいるのは「駅ビル不動産」で、167億円の黒字となっています。

主力の運輸事業は、それほど儲かっていないどころか、むしろ大きな赤字だということです。その分を、不動産業が支えているという構図です。

そもそも経営安定基金は、国から預かったおカネ

さらにもう一つ注意したい点があります。再び損益計算書に戻りますと、営業利益は90億円しか稼いでいないにもかかわらず、経常利益は212億円まで膨らんでいますね。一体、何が経常利益を押し上げているのでしょうか。

答えは、「経営安定基金運用収益」の120億円です。この「経営安定基金」とは何でしょうか。かつて、JRが分割民営化された時に、JR北海道、九州、四国のいわゆる「3島会社」に関しては、鉄道事業で利益が出ないだろうと考えられていました。

そこで、国は経営安定基金というものを設け、3島会社に交付しました。「このおカネを運用した利益で、鉄道事業の赤字を補填し、それらの地域の鉄道事業を維持てください」ということです。ただし、これは元々税金だと言うことを忘れてはなりません。北海道、九州、四国の鉄道事業を守るために、国民のおカネを供出し、その「運用益」を使わせているというものなのです。

貸借対照表の「純資産の部」(9ページ)に、「経営安定基金」が3877億円計上されています。この運用益にあたるのは、損益計算書の「経営安定基金収益」が120億円ですから、大体3.1%で「回している」ことになりますね。

次ページなぜJR九州の主張はおかしいのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT