JR九州は、このままでは上場できない

3877億円の「税金」を懐に入れていいのか

この「新幹線使用料」とは、運送する事業者が、線路や駅舎を所有する事業者に対して支払う使用料です。

JR九州の場合は、九州新幹線の施設を所有する「鉄道・運輸機構」に、毎年102億円の使用料を払っています。これを、基金を使って一括で20年分くらい前払いしようとしているのです。

「新幹線使用料」に「経営安定基金」を充てるな

基金を取り崩せば、運用益が出なくなります。その分を、新幹線使用料を前払いしてしまうことで、利益をかさ上げしようという話です。

使用料を前払いすること自体は、事業上、問題ないことだと思います。ただ、それをやるのであれば、基金を充てるのは筋が違うと私は思うのです。

基金を使うためには、JR会社法を改正しなければなりません。JR会社法とは、JR3島やJR貨物が事業を行う上での規制をまとめた法律で、経営安定基金の取り扱いについても定められています。その12条で基金の取り崩しは禁止されています。

基金の扱いについてJR会社法を改正する際に、「元々、基金は国民のおカネである」ということを国会できちんと議論されるのかどうか、私は非常に懸念しています。先ほども申し上げた通り、政府にはバランスシート的な感覚がありません。ただ単純に「JR九州に基金を与えて上場すれば、上場益が増えるだろう」と考えてしまう可能性が高いのではないでしょうか。

ただし、繰り返しますが、基金は元々、政府の財産、ひいては国民の財産なのです。これをJR九州に与えてしまえば、確かに上場益は上がるでしょう。JR九州の株式は政府が持っているわけですから、上場益が上がれば、その分、政府に還元されます。

つまり、バランスシートという点から考えると、国民の財産をJR九州にあげてしまうことで、損益をかさ上げされ、それによって上場益が出るというわけです。これはこれまでの経緯からしておかしいのではないでしょうか。それなら元々のおカネを返してもらえばよいわけです。

また、「元々は交付されたおカネなんだから、そのままもらっても問題ないのではないか」という見方もあるでしょう。しかし、基金は元々国民のおカネだったわけですから、JR九州の経理上も別勘定で管理し、なおかつ取り崩しを禁止されていました。

次ページ上場するなら、基金は国に返納せよ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT