新生VAIO、スマホはパソコンとは"別物"に

超高スペックのパソコンとは別路線追求

VAIOといえば、音楽や映像などのエンタテインメント要素を盛り込み、一世を風靡したプレミアムブランド。今回の新型パソコンはそういう意味で、 ソニーから引き継いだ現行シリーズより、一層"VAIOらしい"製品をゼロから作り上げたと言える。「ようやく自社開発の1号機ができた。これをテコに、新たなVAIOの形を作っていきたい」。関取高行社長も会見で、VAIO復活への意気込みを語った。

ただし、このVAIOらしいパソコンと、花里氏が話す機能を絞り込んだスマホとは、一線を画した製品となりそうだ。その場合、VAIOらしさはどういう方向に向かうのか。花里氏は「バイオだから高付加価値、高パフォーマンスという特徴に振っていくつもりはない」と明言する。

 「自由だ。変えよう」の意味合い

「ソニー時代なら高付加価値というブランドイメージに束縛されたが、今はもっと自由。VAIOはもっといろんなことを提案していく。受け取る人によって、VAIOのイメージは違っていい。むしろそういうことにチャレンジしている。それが、われわれが提唱している、"自由だ"というコンセプトです」。

昨年7月の会社設立の際、VAIOは「自由だ。変えよう」というコンセントを掲げた。従来のイメージに捉われない、新たなVAIOブラン ドの提案――。それは製品カテゴリーや顧客層によっても異なる、より柔軟で新しいブランドイメージの普及に向けた挑戦でもあった。

しかし、社名に「VAIO」を冠し、製品名にも同じブランド名をつけながら、製品の特徴をカテゴリーごとに分けては、逆にブランドイメージの「ぶれ」につながり、ブランド自体の浸透を妨げる可能性もある。今後、各製品がどれだけユーザーに支持されるか。VAIOのブランドはやはり製品自体の魅力に 拠っていくことになる。

新型パソコン発表でようやく1歩目を踏み出したVAIO。"2歩目"となるスマホ新製品と合わせ、ユーザーの支持を得られるか。発表は間もなくだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT