「宗教の勧誘」で驚愕!「日本と韓国」驚きの大差 韓国は「キリスト教大国」ゆえに…日本は?

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小
日韓の宗教事情にはどのような違いがあるのか(写真:mits/PIXTA)
「そっか、日本と韓国って」と検索したことがあるだろうか? 
日韓問題の論点をほぼすべて扱い、国内外の信頼される学術論文に基づく両論併記でわかりやすくユーモラスにまとめ上げた、新著『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。── 文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』が発売された。
著者は日本で生まれた韓国人で、フランス・香港・シンガポールで学び働いてきた、70万部・1億PV突破のベストセラー作家としても知られるムーギー・キム氏。国際感覚と教養をいっきに得られる「ビジネス教養書」として、多方面で反響を呼んでいる。
本記事では、そのムーギー氏が「日韓宗教事情の違い」について解説する。

本連載を書くにあたって、私は毎回ビクビクしながら「ヤフコメ」等での書き込みを見物しているのだが、十中八、九「日本と民度の違う韓国を比べるな!」「相いれない国なので、断交がいちばん」「韓国人はうそつきだらけで約束を守らない」等と、まるで私が「親の仇」であるかのような大批判が連発されている。

私もさすがに心を痛めながら、時にしくしく泣きながらコメント欄を読んでいる。しかし、そこでの批判内容は一言で言えば、実態とかけ離れたおかしな「信仰」も多い。ここで私が「信仰」と言うのは文字どおり、とんだでたらめでも信じて、ありがたく仰ぎ見ることを指すが、八百万の神よろしく、日本では何でもかんでも、ありがたく信じる人が多いのだ。

ちょうど今、日本では政治と宗教の問題が取りざたされているが、以下では私自身が日本で受けた「怪しげな宗教勧誘」の経験を振り返り、「そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。」と超納得していただけるコラムを書きつづろうと思う。

京都で宗教勧誘を体験した高校生時代

「触らないでください、あなたのようなステージの低い人の魂で、私がけがれてしまうから……」

『京都生まれの和風韓国人が40年間、徹底比較したから書けた! そっか、日本と韓国って、そういう国だったのか。──文化・アイドル・政治・経済・歴史・美容の最新グローバル日韓教養書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

これは私がまだ京都で高校生活を送っていたとき、ある宗教団体の美人勧誘員に、四条河原町の鴨川エリアで誘われたときの、失礼千万な一言である。

最近、「宗教に勧誘するときに、若い女性を使ってアプローチさせる」というようなことが一部で報道されていたが、それはさまざまな宗教団体で共通しているようだ。

私が京都の高校生時代にある宗教団体に誘われたときは、その勧誘員の女性がかわいらしかったので、まだ18歳で男子校の生徒だった私は(私服だったので大学生くらいには見えた)、意図的に会話を牛歩戦術で、伸ばし伸ばしにしていった

さらに電話番号を逆に聞こうと近づいたのだが、そのときに言われたのが、冒頭の失礼な(指一本触れてないのに言われた)一言である。

このように、高校時代は入信を勧誘してきた人に逆に断られ、入る前に破門されてしまった恥ずかしい私だが、実はその後の人生でも何度か「別の宗教団体」に入信を迫られたことがある。

次ページそのときも「女子学生」の誘いだったが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT