大久保利通が「孤独の権力者」になった納得の背景 対立した西郷隆盛の下野後、自らに権力を集中

印刷
A
A
朝鮮への使節派遣をめぐって西郷隆盛と対立した大久保利通。西郷が下野した後は、自らに権力を収拾させていきました。その背景にはどんな事情があったのでしょうか(写真:iLand/PIXTA)
倒幕を果たして明治新政府の成立に大きく貢献した、大久保利通。新政府では中心人物として一大改革に尽力し、日本近代化の礎を築いた。
しかし、その実績とは裏腹に、大久保はすこぶる不人気な人物でもある。「他人を支配する独裁者」「冷酷なリアリスト」「融通の利かない権力者」……。こんなイメージすら持たれているようだ。薩摩藩で幼少期をともにした同志の西郷隆盛が、死後も国民から英雄として慕われ続けたのとは対照的である。
大久保利通はどんな人物だったのか。実像を探る連載(毎週日曜日に配信予定)第41回は、西郷隆盛が下野した後、大久保利通が自らに権力を集中させた背景について解説します。
著者フォローをすると、連載の新しい記事が公開されたときにお知らせメールが届きます。
この連載の記事一覧はこちら
<第40回までのあらすじ>
薩摩藩の郷中教育によって政治家として活躍する素地を形作った大久保利通。21歳のときに父が島流しになり、貧苦にあえいだが、処分が解かれると、急逝した薩摩藩主・島津斉彬の弟、久光に取り入り、重用されるようになる。
久光が朝廷の信用を得ることに成功すると、大久保は朝廷と手を組んで江戸幕府に改革を迫ったが、その前に立ちはだかった徳川慶喜の態度をきっかけに、倒幕の決意を固めていく。大久保は閉塞した状況を打破するため、島流しにあっていた西郷隆盛の復帰に尽力。その西郷は復帰後、勝海舟と出会い、長州藩討伐の考えを一変させ、坂本龍馬との出会いを経て、薩長同盟を結んだ。
武力による倒幕の準備を着々と進める大久保と西郷に対し、慶喜は起死回生の一策「大政奉還」に打って出たが、トップリーダーとしての限界も露呈。意に反して薩摩藩と対峙することになり、戊辰戦争へと発展した。
その後、西郷は江戸城無血開城を実現。大久保は明治新政府の基礎固めに奔走し、版籍奉還、廃藩置県などの改革を断行した。そして大久保は「岩倉使節団」の一員として、人生初の欧米視察に出かけ、その豊かさに衝撃を受けて帰国する。
ところが、大久保が留守の間、政府は大きく変わっていた。帰国した大久保と西郷は朝鮮への使節派遣をめぐって対立し、西郷は下野する。

西郷隆盛が下野したダメージは大きかった

かつて同志だった大久保利通と西郷隆盛が、どんな運命をたどったのか。

その結末から振り返れば、「西郷は朝鮮派遣をめぐる論争で、大久保に敗れて下野した」と表現しがちだが、この時点では、大久保を勝利者とするには心もとなかった。

西郷が参議を辞職するとともに、江藤新平、板垣退助、後藤象二郎、副島種臣らの参議も辞めてしまった。西郷を敵に回した時点で予想していたことではあったが、これを単純に「自分に敵対する勢力が去っていった」と喜ぶことはできなかっただろう。

明治政府の中心となった薩摩・長州・土佐・肥前の4勢力のうち、土佐と肥前が抜けて、薩摩にいたっても大半が西郷に従っている。政権に残った大久保が勝利者になるのか、政権から去った有力者のほうが勝利者になるのか。まるで先行きが見えない状態だった。

次ページ西郷が辞めることを見越していた大久保だったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT