31歳女性「普通に眠れない」パワハラ後遺症の実態 元上司と似た人に「びくっと体が硬直」する事も

印刷
A
A
女性
パワハラ上司から離れた後も「普通に眠れるようになるまで、半年から1年ぐらいかかりました」とゆりなさん(仮名・31歳)は語ります(写真:miya227/Getty Images Plus)
ブラック企業という言葉が定着して久しい日本社会。ネットで検索すれば「ブラック企業の見分け方」「ハラスメントへの対応の仕方」「過去の裁判事例」などを知ることができる。一方で「ハラスメントを受けた人の、その後の人生」が詳しく語られる機会は十分に存在するだろうか。
「ハラスメントが原因でうつ病を発症した」「働くことが怖くなり、経済的に困窮した」「夢見た業界を離れたことに、後悔を募らせている」……そんな人は、決して少なくないだろう。"加害者から離れたから終わり"ではないのだ。
そこで本連載では、ハラスメント被害者のその後に注目。被害者へのケアのあり方について考えていく。
話を聞いたのは、IT企業でパワハラの被害に遭ったゆりなさん(仮名・31歳)。上司による壮絶かつ陰湿なパワハラ、それを把握しつつ対策を取ってこなかった会社側の問題が浮き彫りになった前回に続き、今回は「ハラスメントによる後遺症」や「被害者ケア」などについて聞いていく。

パワハラ後に生じた「後遺症」とは?

――ゆりなさんは以前在籍していた会社で、上司から「衆目が集まる中、大声で罵倒される」「あなたのせいで会社の空気が悪くなって観葉植物が枯れたと責められる」「事あるごとに『会社のお金をドブに捨てている』となじられる」などのパワハラを受けてきたということでした。

パワハラを受けた結果、被害の記憶が焼きついたり、ふとぶり返したりして、生活に困難を抱えている方もいらっしゃいますが、ゆりなさんはいかがですか?

振り返ってみて思い出したんですけど、退職してから2~3年はあの頃の記憶に悩まされていました。トイレで手を洗っている時、鏡越しに人が入ってくるのが見えて、それが元上司と似たロングヘアで背の高い女性だとびくっと体が硬直してしまうことがあったり。

次ページ退職後、うまく眠れない期間が続く
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT