「異動したことがない」34歳会社員に訪れた試練 キャリアを組織に預けず自分の力で作る発想

拡大
縮小

(2)他職種・他組織の羨望化

他部署で活躍する同僚や、違う会社で飛躍的な成長を遂げている友人、同世代で偉業を成し遂げた著名人などの話を見聞きすると、モヤモヤとした気持ちになることもあるでしょう。

そんなときには、卑屈になるのではなく「越境体験」をしてみましょう。他職種や他組織をうらやむ気持ちを原動力にして、自らのキャリアを切り開く行動へと昇華させるのです。例えば、ほかの部署の仕事に関われる社内副業や、部署横断プロジェクトへの参加など、今いる組織の中で新しい挑戦ができる機会を探ってみるのです。

また、「副業」に挑戦してみたり、ほかの企業の仕事を体験できる「社会人インターンシップ」に参加するという手もあります。

適応力を養うと同時にキャリアの停滞感も解消する

(3)昇進・昇格の硬直化

経験を積んでいくうちに、「組織の中で出世して活躍したい」という思いが芽生える人は、少なくないでしょう。しかし、誰もがそうした機会やポジションを得られるわけではありません。自分の望みとは反対に、出世のルートから外れることもあります。

『キャリアの悩みを解決する13のシンプルな方法 キャリア・ワークアウト』(日経BP)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

この場合にも、「キャリア・プラトー」に陥りがちです。この状態から抜け出すために必要なのは、キャリアに対する価値観の転換。昇進や昇格が働く目的になるということは、「組織に自分の仕事人生をささげている」と言っても過言ではありません。しかし本来、キャリアは組織に預けるものではなく、自分で育て、つくり上げていくものです。キャリアを組織に預けるのではなく、自分で築いていく意志と行動が必要になってきます。

ちなみに「プロティアン・キャリア」を実践すると、労働生産性を最大化したり、副業や学習を通して新しい挑戦をしたり、キャリアを組織に預けず自分の力でつくっていったりすることを、積極的に実行していくことになります。「プロティアン・キャリア」は、自分らしさや変化に適応する力を養うと同時に、キャリアの行き詰まりや停滞感も解消するのです。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
ヤマト、EC宅配増でも連続減益の悩ましい事情
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT