なぜか「すべてうまくいく人」が験を担ぐ理由 科学が明かす「ツイている人」に共通する法則

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小

いくら世界に目をこらしたところで、結局、私たちには世界の本質が見えないのだろう。自分が見ると予想したもの、見たいもの、ときには見たくないと思っているものを見る。それが人間の特性の1つなのだ。

懸命にパターンをさがし、日常生活を形成する事象にパターンを見いだすと、安心する。それは医療におけるプラシーボ効果のようなものだ。

「このちっぽけな緑色の錠剤で気分がよくなる」と信じて、それを服用すれば、実際に気分がよくなる。この場合、錠剤の成分が本当に重要なのだろうか? 私にとっては重要ではない。

もし、この靴を履けば毎日、物事がスムーズに運ぶと信じているのなら、この靴を履けばすばらしい1日を送れるだろう。ラッキーシューズを信じるのは不合理であるという事実は、それほど重要なことなのだろうか? 個人的には、そうは思えない。

運を信じればパフォーマンスが向上する

運を信じること自体に、いっさい悪いところはない。それどころか、運に頼れば、困難な状況に直面してもやる気を高められるので有益になりうる。

運を信じれば、自分には状況をコントロールする力があると思えるかもしれない。そうすればパフォーマンスが向上し、成功しやすくなり、いい結果がでやすくなる。すると、次回、困った状況に追い込まれたときに、いっそう運を信じるようになる。

〝成功ほど続いて起こるものはない〟ということわざのとおり、私たちは過去に成功したことに関しては、また成功する傾向があるのだ──たとえ、過去にうまくいったこと自体が不合理であったとしても。

自分に対する期待、とりわけ自分が目標を達成する確率に対する期待は、決断をくだす方法に影響を及ぼす。私たちはたいてい、つらい体験を通じて、自分の期待について学んでいく。しかし、つらい体験こそが、本当の意味でなにかを学ぶ唯一の方法なのだ。

次ページ結果の良しあしは最後までわからないが…
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT