リコーの構造転換(上)-サービス取り込みへの秘策「3層アプローチ」


 リコーの前に立ちはだかるのは、ゼロックス/富士ゼロックスグループだ。欧米での需要増を背景に、00年からいち早くMPSを展開。世界160カ国の拠点にサービス担当8万9000人を置く。米AIUや米P&Gなど大手企業をユーザーに持ち、09年世界シェアは48%超と圧倒的。

「世界的にゼロックスブランドは強い」と、富士ゼロックスの岡野正樹執行役員は自負する。

先行するゼロックスグループに対し、リコーのシェアは13%程度。だが、ゼロックスグループを上回る180カ国の販売網をフル活用し、真っ向勝負を挑む。

「今後は、サービス事業で本格的な戦いになる。いずれ当社がトップになる。トッププレーヤーとなれば、より多くのユーザーにサービスの価値をご理解いただける」と、加藤茂夫グローバルMDSセンター所長の鼻息は荒い。

王座奪取への秘策。それは企業の主要ラインを各段階で攻める「3層アプローチ」という手法である。

リコー役員、部長や課長、そして現場が一丸となって標的企業を攻略するのだが、単に表敬訪問を繰り返すのではない。

(1)戦略立案する役員層、(2)部長や課長などの意思決定層、(3)事務機を管理する現場層といった、MPS導入決定のカギを握るすべての層それぞれに、業務プロセスの改善を継続提案していくのだ。

そのための提案能力向上にも余念がない。

米プロサイ社の変革マネジメント手法を取り入れた、30項目の研修プログラムを用意。(1)「ユーザーの導入環境をアセスメントにより可視化するステップ」、(2)「最適環境をデザインするステップ」、(3)「デザインした環境を実際に導入構築するステップ」、(4)「それを管理・運用し継続改善を行うステップ」、に大分類し、それぞれに沿って「チェンジマネジメント」や「ドキュメントワークフローの改善」などの講義を進めていく。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT