リコーの構造転換(上)-サービス取り込みへの秘策「3層アプローチ」

リコーの構造転換(上)-サービス取り込みへの秘策「3層アプローチ」

デジタル複合機やプリンターなど事務機大手のリコーが、サービス強化の姿勢を鮮明にしている。ハードからサービスへ--。事業構造の転換を急ぐ同社の新たな戦いをリポートする。

1月20日。東京都内で開かれた戦略説明会で、リコーは「運用・管理受託サービス(MPS)の売上高を2013年度に現状比約2・5倍の3000億円に引き上げる」と、ブチ上げた。

260億円を投資し、コールセンター機能などを強化。同時に、営業担当者も増強する。大手企業担当8000人すべてがMPSを提案できるようにするほか、専任担当者も現状比2倍の1000人に増やす。

MPSは、機器の再配置やプリント環境の効率化などを通じて、企業の印刷コスト削減を実現するサービスだ。主にグローバル企業に対して、世界全拠点の事務機を一括で運営・管理し、かつ、業務効率化のソリューションを継続的に実践していく。

近年は企業の設備投資抑制により、事務機の販売が世界的に伸び悩む。一方で、コスト意識の高まりから、売上高の1~3%を占めるとされる印刷費用を軽減できるMPSの需要が高まっているのだ。

迫るゼロサムゲーム、全社一丸での攻略

MPS争奪戦は、業界の勢力図そのものを変えるインパクトを秘める。

「今は大きな案件のほとんどに、MPSが絡んでいる」(リコーの三浦善司取締役)。

グローバル企業の大口契約ともなると、事務機1000台以上、金額にして10億円以上になる。MPSはそれらの運営を一括受託するため、競合の案件をごっそりと奪えるケースもあれば、逆に一瞬にして失うリスクもある。まさに、ゼロサムゲーム。

MPSを制するか否かは、成長戦略を大きく左右するというわけだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。