若者に飲み会で言うとドン引きの説教ワード3選 飲みニケーション好きであってもやる気を砕く

印刷
A
A

今の若者たちは表面的な協調性に長けているので、オトナの話が響いた風のリアクションをします。多少酔いが回ると、そういう相槌に気持ち良くなっちゃって、スイッチが入ってしまう。ついつい気が緩んで「俺が若いころはとにかくガンガンやってハチャメチャだったもんだ」などと暴走してしまいがちです。

若者へのアドバイスだったはずが、次第に武勇伝全開に……。もうそうなったら最後、若者は耳をパタンと閉じてしまいます。心はもはや幽体離脱して、その場にはいません。死んだ目で、オートマチックに相槌をうち、オートマチックにお酌をするのみです。

●NGワード1位「世の中そんな甘いもんじゃない」

新人が、なぜウチの会社を選んでくれたのか。この「どうなりたい?」「やりたいことは?」という問いかけは、若者との関係性を築くのにも、仕事の話につなげていくにも便利な話題です。で、新人はとりあえず面接で語った志望動機なんかを述べたりするでしょう。問題はここから。こうした新人の思いをオトナ世代は一刀両断しがちです。

反面教師で「NGワード」を学ぼう

往々にして会社説明会や採用面接なんかでは、自社の次世代事業戦略など魅力的なことが語られます。そうしたフレーズが刷り込まれた新人のトークは、現場を預かるオトナ世代には夢見がちで青臭く感じられます。

『イライラ・モヤモヤする 今どきの若手社員のトリセツ 』(PHPビジネス新書)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

そこでつい発してしまうのが「世の中そんな甘いもんじゃない」という禁断のフレーズ。ストレートに若者のヤル気を打ち砕きます。今までキラキラしていた若者の目からは光が失われ、間違いなくアナタの名前は飲みに行きたくないリストに書き込まれるはず。

最後に、若者との飲みニケーションを円滑にする簡単な方法をお伝えしましょう。それは、自分にとって煙たい存在の上司や先輩と飲みに行ってみることです。その飲み会でかけられる言葉が、「あーこういうのがNGなんだ」と、必ず気づかせてくれます。反面教師が、あなたの飲みニケーションスキルを磨いてくれるはずです。

前回:拝啓、「若手は褒めればいい」と信じる大人の皆様(4月7日配信)

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT