三菱自、13年ぶりの軽EVで狙うアイミーブの雪辱 販売責任者に聞く普及に必要な「傾向と対策」

印刷
A
A

世界で初めて電気自動車「アイミーブ」を市場投入した三菱自動車が今夏、再び軽EVを発売する。

三菱自は世界初の量産型EV「アイミーブ」以来、13年ぶりに軽EVを発売する(記者撮影)

特集「電動化への大号砲」の他の記事を読む

電気自動車(EV)シフトの波が押し寄せる自動車業界で、2009年に世界初の量産型EV「i-MiEV(アイミーブ)」を投入したのが三菱自動車だ。軽自動車でのEVという新たな挑戦だったが、400万円を超える価格と短い航続距離(一度の充電で走れる距離)に支持は集まらず、2021年3月にひっそりと生産を終えた。
その三菱自動車が、日産自動車と共同開発した軽EVの投入に今夏乗り出す。日本市場の4割を占める軽で、EVは普及するのか。石川善太国内営業本部長に勝算と課題を聞いた。

軽自動車はEV、大きい車はPHEV

ーー新たに発売する軽EVの位置づけは。

2009年にアイミーブを出した歴史と経験の延長線上という意味もあるが、やはり大きな要素としては環境に貢献するという視点だ。EVは車として走る部分だけを見るともちろん環境貢献が大きいが、製造段階でどれくらい二酸化炭素(CO2)を排出するかということも重要だ。

現状、日本では電池を多く積んだ車はどうしても製造段階でCO2排出量が大きい。そうした面からも、サイズの大きい車はプラグインハイブリッド(PHEV)が適しており、小型車で電池の積載量が大きくないものはEVが適切だと考えている。

アウトランダーとエクリプスクロスがPHEV、軽自動車はEVというのが最適な組み合わせとなる。軽EVが投入されれば、われわれの電動化戦略のピースが揃うことになる。

ーー5月20日に発売する軽EVは補助金込みで200万円を切る価格で出す予定です。一方で航続距離は170キロメートルとやや短い印象です。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電動化への大号砲
ハイブリッド技術に強い日本勢の難しい立ち位置
EV普及早まれば乗り遅れのリスクも
6年ぶりの刷新、新型「MIRAI」が見せた技術進化
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否①
水素インフラ普及を促す「トヨタの秘策」
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否②
カギ握る大型トラック、FCV化の最前線
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否③
軽自動車の電動化、立ちはだかる「2つの難題」
脱ガソリン車に揺れる日本の「軽」①
EV時代が問う軽自動車の「存在意義」
脱ガソリン車に揺れる日本の「軽」②
日本初、「工場がない」EVメーカー誕生の衝撃度
佐川急便が配送用軽バンを7200台総取っ替えへ
出光、あえて「低スペックのEV」で見据える勝算
自動車メーカーの主戦場は眼中にない
トラックも「脱炭素」、自動車業界の多難
商用車の電動車比率はわずか数%
トヨタの株価上昇、テスラの頭打ちを読み解く
電動化の競争を占う“重要指標"
「電動化、今から開発では間に合わない」
ホンダ系サプライヤー、ジーテクト社長に聞く
トヨタ、過熱する「電池投資合戦」に慎重な理由
日産系や海外勢は次々と電池工場を新設へ
テスラ「利益1000億円」が示す実力と次のハードル
四半期の売上高、利益が過去最高を記録
トヨタとパナの間に「すき間風」が吹いている
アメリカの電池工場投資ですれ違い
ヤマ発、バイクの100%EV化を「目指さない」理由
2050年の販売に占める電動化比率は9割目標
中国製「380万円EVトラック」が日本に参入の衝撃
日本の車メーカーは「やられた」と口にする
物流の革命児が見込んだ「中国製のEV」の全貌
日本に1台しかない車両を写真で解説
ソニー、EV参戦の先に透ける「裏方で稼ぐ未来」
スマホ事業と「同じ立ち位置」を狙う可能性
ソニーのEV、「プレステ」「aibo」との意外な共通点
開発責任者「テスラは参考にするが模倣しない」
ソニーEV参戦、迎え撃つ「トヨタやホンダの本音」
歓迎の意を示しつつも、思惑が激しく交錯する
ソニーがホンダを「EVの相棒」に選んだ深い狙い
2社での新車開発・販売がゴールじゃない
EV時代に「エンジン部品会社」が仕掛ける勝負
武蔵精密工業社長「将来部品メーカーの括りなくなる」
日産アリアとトヨタbZ4X、正反対のEV販売戦略
電池劣化、中古車の価値低下とどう向き合うか
三菱自、13年ぶりの軽EVで狙うアイミーブの雪辱
販売責任者に聞く普及に必要な「傾向と対策」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内