トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃 市場縮小や電動化に危機感、販売改革が本格化

印刷
A
A

王者が国内の販売改革に踏み込む。車の販売価格や、販売時にディーラーが受け取るマージンを需給に応じて変動させる制度を導入する。これで問われるのは販売店の地力だ。

トヨタはディーラーに支払うマージンを車種ごとに変動させる方針だ(記者撮影)

変化しないと生き残れない――。

人口減による市場縮小に加え、急速に進む車の電動化やデジタル化を前に、国内販売の現場でもリーディングカンパニーのトヨタが変革へ動き出した。2021年にはトヨタ系販社で不正車検の問題が噴出するなど、整備の担い手不足も深刻化している。また、中古車市場ではメーカー外の勢力にもうけをさらわれているという意識もあり、国内販売の改革はトヨタにとって重要施策の一つだ。

そうした中、トヨタが2022年の夏からディーラーマージンや車両価格の変動制度の導入を目指していることが東洋経済の入手した資料でわかった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内