カギ握る大型トラック、FCV化の最前線 トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否③

印刷
A
A
日野自動車が親会社のトヨタ自動車と共同で開発を進める国内向けの大型FCトラック。新型ミライと同じ第2世代のFCスタックを2基搭載する(イメージ写真:日野自動車)

特集「電動化への大号砲」の他の記事を読む

「長距離輸送の大型トラックはEVへの置き換えが難しい。やはりそこは燃料電池(FC)の技術が適している」。そう話すのは、トヨタ自動車グループの商用トラック・バス事業を担う日野自動車の下義生社長だ。

世界的に環境規制が強まる中、ディーゼルエンジン車がほとんどを占める商用トラックも電動化が避けて通れない。乗用車の電動化はEV(電気自動車)ばかりに話題が集中するが、商用トラックの分野では、燃料として積んだ水素で発電して走行する燃料電池車(FCV)の導入も確実視されている。

EVよりも航続距離伸ばせる

理由は貨物積載時の総重量にある。一般的な乗用車の車体重量が2トン以下なのに対し、中型貨物トラックは最大積載時の総重量が10トン前後。10トン以上の荷物が積めて長距離の幹線輸送に使用される大型トラックになると、最大積載時の総重量は20数トンに及ぶ。EV化で問題になるのは、特に重い大型の商品性だ。

仮に現在の技術で長距離輸送用の大型トラックをEV化した場合、どんな車に仕上がるか。日野によると、乗用車のEVとして有名なテスラ「モデル3」の6倍超に相当する350kWhもの電池を搭載したとしても、最大積載時に1回の充電で走行できる航続距離は300キロメートル程度にとどまるという。

しかも、それだけの電池をフル充電するには、急速充電でも約3時間は必要だ。また、電池の重さだけで2.5トンに達するため、重量的な制約により、貨物の最大積載量を現行のエンジン車よりも約1割減らさざるをえない。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
電動化への大号砲
ハイブリッド技術に強い日本勢の難しい立ち位置
EV普及早まれば乗り遅れのリスクも
6年ぶりの刷新、新型「MIRAI」が見せた技術進化
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否①
水素インフラ普及を促す「トヨタの秘策」
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否②
カギ握る大型トラック、FCV化の最前線
トヨタが描く「燃料電池車」戦略の成否③
軽自動車の電動化、立ちはだかる「2つの難題」
脱ガソリン車に揺れる日本の「軽」①
EV時代が問う軽自動車の「存在意義」
脱ガソリン車に揺れる日本の「軽」②
日本初、「工場がない」EVメーカー誕生の衝撃度
佐川急便が配送用軽バンを7200台総取っ替えへ
出光、あえて「低スペックのEV」で見据える勝算
自動車メーカーの主戦場は眼中にない
トラックも「脱炭素」、自動車業界の多難
商用車の電動車比率はわずか数%
トヨタの株価上昇、テスラの頭打ちを読み解く
電動化の競争を占う“重要指標"
「電動化、今から開発では間に合わない」
ホンダ系サプライヤー、ジーテクト社長に聞く
トヨタ、過熱する「電池投資合戦」に慎重な理由
日産系や海外勢は次々と電池工場を新設へ
テスラ「利益1000億円」が示す実力と次のハードル
四半期の売上高、利益が過去最高を記録
トヨタとパナの間に「すき間風」が吹いている
アメリカの電池工場投資ですれ違い
ヤマ発、バイクの100%EV化を「目指さない」理由
2050年の販売に占める電動化比率は9割目標
中国製「380万円EVトラック」が日本に参入の衝撃
日本の車メーカーは「やられた」と口にする
物流の革命児が見込んだ「中国製のEV」の全貌
日本に1台しかない車両を写真で解説
ソニー、EV参戦の先に透ける「裏方で稼ぐ未来」
スマホ事業と「同じ立ち位置」を狙う可能性
ソニーのEV、「プレステ」「aibo」との意外な共通点
開発責任者「テスラは参考にするが模倣しない」
ソニーEV参戦、迎え撃つ「トヨタやホンダの本音」
歓迎の意を示しつつも、思惑が激しく交錯する
ソニーがホンダを「EVの相棒」に選んだ深い狙い
2社での新車開発・販売がゴールじゃない
EV時代に「エンジン部品会社」が仕掛ける勝負
武蔵精密工業社長「将来部品メーカーの括りなくなる」
日産アリアとトヨタbZ4X、正反対のEV販売戦略
電池劣化、中古車の価値低下とどう向き合うか
三菱自、13年ぶりの軽EVで狙うアイミーブの雪辱
販売責任者に聞く普及に必要な「傾向と対策」
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内