「柴犬好き」フランス人が口々に語る大きな魅力 パリで柴犬が流行っているというのは本当か

印刷
A
A
大の柴犬好きというトニーと、9カ月のメス、サナコ(写真:筆者撮影)

ご存じかもしれませんが、フランス人は犬が大好きです。

実際、パリという町は、犬とその飼い主を連想させます。セーヌ川沿いを散歩しカフェで座る犬や、店の前で飼い主を待つ犬。ジョギングする飼い主のそばについて走る犬や、タクシーの前の座席に座るシェパード。

2020年のロックダウン中は、犬の散歩のための外出は、フランス政府が定める、外出が許可される数少ない「公認の理由」のうちの1つでした。家族全員が1日に何回も散歩に連れていくので、犬たちはへとへとになっていたほどです。パリ市には約10万匹の犬がいます。

パリで大型犬を飼うのは大変

私自身はずっと前に犬を飼っていました。コリーとベルジアン・シェパードのミックスのオスでした。セーヌ川沿いをよく散歩させたものです。とても美しい犬で、通りではいつもほめられていました。

この連載の一覧はこちら

でも、パリでこのような大きな犬を飼うのは簡単ではありませんでした。定期的な散歩と運動が必要だったからです。犬を走らせることは大事ですが、同時につねに見張っていないといけません。ある時などは大変なことになりました。

考え事をしながらセーヌ川沿いを散歩させていたのですが、サン=ルイ島に来たところでふいに犬がいないことに気づいたのです。つい先ほど黒いメス犬を追いかけて階段を上って姿を消したのを見ていました。私も階段を上がりましたが、そこからどちらの方向に行ったのかは全然わかりません。

次ページそれから6カ月迷子だったが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT