イノベーターはどっち?スタバとハーゲンダッツ 「なぜ日本でiPhone生まれない?」議論の問題点

印刷
A
A

しかし、実はiPodはアップルオリジナルではなく、MP3プレイヤーを韓国メーカーが先に出している。

ところが後発のiPodがなぜイノベーションを起こせたのかと言えば、それはiTunesという音楽を管理&視聴するアプリとiTunes Music Store( 現iTunes Store)という音楽販売ストアをハードとセットにして、それらを利用して音楽を聴く習慣を変えたことが要因である。

油揚げをさらったものがイノベーター

東京大学工学部卒業。慶應義塾大学大学院経営学修士(MBA)。2000年6月から2004年12月までBCG日本代表。2006年には「世界の有力コンサルタント25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出された。2006年より2022年3月まで早稲田大学教授。2022年5月25日にトークイベントを予定している。 詳細はこちら(写真:筆者提供)

MP3プレイヤーでは自分のCD音源をMP3化するか、他人がMP3化した音楽を自由にダウンロードできたことで人気を博した。前者は合法だったのに対して、後者は著作権侵害ということでアメリカの音楽著作権団体(RIAA)から厳しく排斥された。

それを横目で見ていたアップルはレコード会社に対して、うちのiTunes Music Storeを使用すれば、1曲ごとに料金を回収できますよとアピールした。一方でユーザーに対しては、ウォークマンやディスクマンのように外出するたびに自分のお気に入りを選んで持ち出す手間が省けて、すべてのライブラリーを持ち運べますと訴求した。

簡単に言えば音楽を手軽に持ち運べるMP3プレイヤーは画期的な新製品だったが、それをビジネスとして成り立たせる仕組みが不在だったためにアップルにイノベーションの刈り取りを許してしまったということになる。

トンビに油揚げをさらわれるという格言があるが、油揚げをさらったものがイノベーターである。

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT