スタバとタリーズ「超人気福袋」に見た流儀の違い

日本の風物詩に注力「店に来てほしい」思いは共通

タリーズの「6600円ハッピーバッグ」の中身(写真:タリーズコーヒージャパン)

この時期になると、さまざまな小売店が「福袋」を売り出す。毎年楽しみにするファンも多く、年末年始の風物詩として各メディアで販売シーンが報道される。

売り手側が福袋に込める思いは、さまざまだ。百貨店のように、テーマや世相を反映した中身で訴求する例もある。かつては中身に何が入っているかわからない「開けてみてのお楽しみ」だったが、近年は事情も変わってきた。

今回はその中で、大手カフェチェーン「スターバックス」と「タリーズ」の福袋を紹介したい。数多い福袋の中でも人気が高いからだ。両社ともスタートしたのは約20年前で、中身も進化してきた。

「2022年福袋」に込めた思いは何か。2社の責任者に聞きながら時代の風潮も考えた。

スターバックスの店舗数は国内最大。ロゴは各地でみられるようになった(筆者撮影)
東京都内の駅近くにあるタリーズの店舗(筆者撮影)

福袋で、コーヒーや店舗を感じてほしい

「今回の福袋(7500円、税込み)のテーマは『コネクション』(Connection)です。コロナ禍で人とのつながりをしにくい時代だからこそ、福袋をきっかけにコーヒーやスターバックスの店舗を感じていただきたい。中身のグッズにもそんな思いを込めました」

こう説明するのは後藤護(ごとう・まもる)さん(スターバックス コーヒー ジャパン 商品本部 コーヒーリーダーシップ&リテイル部)だ。同部のリテイル商品開発グループ グループマネージャーとして2015年から「福袋の商品開発」の責任者を務める。

「大小のトートバッグも入っており、誰かとお揃いで楽しむこともできます。ステンレスタンブラーなど他のグッズにもそれぞれの思いを込めました」(後藤さん)

次ページ公式サイトでは福袋の概要が記されている
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT