イノベーターはどっち?スタバとハーゲンダッツ 「なぜ日本でiPhone生まれない?」議論の問題点

印刷
A
A

例えば、iPhone登場前の携帯電話は通話が主目的で、インターネット接続に関してはメール、音楽、天気予報、簡単なゲームなどが主たる用途だった。そこでの主役はNTTドコモなどの携帯電話会社であり、ハードメーカーもアプリケーション開発者も従であった。そのため、アクセスは増え、従量課金は伸びたかもしれないが、消費者にとっては便利な電話という域を出ることはなかった。

それに対して、iPhoneではメールやインターネットのウェブ利用はもちろんのこと、スケジュール管理、PC用のオフィスソフトの利用、カメラの代わり、テレビ会議など次々に用途を広げ、1台で何でも間に合うパーソナル機器としての地位を固めていった。

ヘビーユーザーになればなるほど、生活を支える手放せない存在に変わっていった。まさに消費者の行動を変えてしまったのである。

イノベーションを阻む真の阻害要因

日本発でも、非接触通信の仕組みとしてのFeliCa(フェリカ、ソニー開発)がある。大変優れた技術であり、JR東日本のSuicaなどにも採用されている。ソニー自身もこの技術を用いてEdyという電子マネーをサービス化し、かなり普及に努力したが残念ながら、日本の電子マネーのデファクトになれず、世界標準からもほど遠かった。

技術は大変優れていたし、電子マネーというアプリケーションも十分魅力的だった。しかしながら、2つの問題点があった。

1つは、電子マネーによる決済のために専用端末を必要とし、そのコスト負担ができる小売店は大手やチェーン店などに限られていたことが普及の壁になった。

次ページ大事なのは新しい価値を生むことではない
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT