NYで開眼!栃木で「竹の農場」盛り上げる男の発想 IBMの中庭を見たことが家業の再興に繋がった

印刷
A
A
竹の新たな可能性を切り開く農場の秘密とは?(写真提供:若山農場)
この記事の画像を見る(10枚)

かぐや姫の物語で象徴的に登場する竹(タケ)。日本人が親近感を覚える植物のひとつだ。

私たちがもっともよく目にする大型のタケは、モウソウチクという。地上部は20メートルに達し、ビル7階もの高さとなる。壮観だが、いい面だけではない。周囲をその高さで囲まれてしまえば、広葉樹も針葉樹も日光が届かず、枯れてしまうのだ。

「竹害」となり、ときに日本人に牙をむく竹だが…

さらに、モウソウチクは斜面では雑草のように薄く地下茎を伸ばす性質を持つ。樹木ほど根を深く伸ばせないため、土砂災害の危険性を高めてしまう。過疎化の進行にともなって近年、里山における竹の管理が追いつかず、竹やぶ化が進行。竹害(ちくがい)と呼ばれる社会問題にもなっている。

いつの間にか嫌われ者になりつつあるタケだが、新たな可能性を切り開こうと奮闘する人たちもいる。

栃木県宇都宮市北部にある竹の農場、若竹の杜 若山農場がそれだ。江戸時代初期から続く若山農場。一般にはシーズン外れのゴールデンウィークでもタケノコを出荷できる業者として、また造園用の苗木を生産する業者として、知る人ぞ知る存在だ。

その竹林は、ロケ地としてもよく使われている。映画『るろうに剣心 伝説の最期編』、『キングダム KINGDOM』では重要なシーンが、椎名林檎「いろはにほへと」のプロモーションビデオでは全編が、若山農場の竹林で撮影されたほど。

5年前より竹林を一般公開している若山農場を訪問し、タケについて考えてみた。

(写真提供:若山農場)
次ページ若山農場を率いる若山太郎さんが現在に至るまで
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT