1杯8000円!「糞コーヒー」は魅惑の香り?

アジアの知られざるオモシロコーヒー事情とは

カップを逆さまにして、受け皿との間から飲むコーヒー

また、東部のスラバヤには、スリル満点の逆さまコーヒー「Kopi Walik」(コピ・ワリク)なるものがあるという。

カップを逆さまにして、受け皿との間から少しずつ唇で吸うようにして飲むそうだ。「何口かで飲み干そうとか、全部を飲みきるなんてできない。なかなかてこずるけど、スリルがあって面白いの」と話すのはNiaさん(34歳)。

コツさえつかめば、こぼすこともないらしい。なぜ逆さまにするのかというと、水に溶けないコーヒーの粉から作られているからだという。果たしておいしいのだろうか。

アジアにはまだまだオモシロコーヒーが

マレーシアでは、コーヒー、紅茶を高い位置から落とし、泡立てて入れる大会まである

このほかベトナムでは、アルミでできた独特のフィルターで10~30分くらいかけて、ゆっくり淹れるベトナム式コーヒーがある。これは、お土産としても数多く売られている。

「舗道コーヒー」と呼ばれるストリート系のコーヒーショップでは、カジュアルな格好でこのベトナムコーヒーを飲みながら、金融、政治からライフスタイルなどについて話し、通り行く人を眺めるのが流行っているのだとか。

さらにマレーシアでは、「テタレ」という紅茶と「コピタレ」と呼ばれるコーヒーがとても有名で、高い位置から落とすように泡立てる入れ方には大会まであり、そのパフォーマンスは一見の価値アリだそうだ。これらは、屋台でも飲むことができるし、聞けばネスカフェで作る「ネスカフェタレ」というのもあるらしい。

スターバックスなどのコーヒーチェーン(ミャンマーには、スタバはまだない)は、いまや当たり前のように世界中の街中に点在し、利用されている。ただ、世界有数のコーヒー生産国でもあるアジアの国々には、統一されたスタバでは味わえない、ローカルなオモシロコーヒーと失われつつあるコーヒー魂がまだまだ存在しそうである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT