1杯8000円!「糞コーヒー」は魅惑の香り?

アジアの知られざるオモシロコーヒー事情とは

カップを逆さまにして、受け皿との間から飲むコーヒー

また、東部のスラバヤには、スリル満点の逆さまコーヒー「Kopi Walik」(コピ・ワリク)なるものがあるという。

カップを逆さまにして、受け皿との間から少しずつ唇で吸うようにして飲むそうだ。「何口かで飲み干そうとか、全部を飲みきるなんてできない。なかなかてこずるけど、スリルがあって面白いの」と話すのはNiaさん(34歳)。

コツさえつかめば、こぼすこともないらしい。なぜ逆さまにするのかというと、水に溶けないコーヒーの粉から作られているからだという。果たしておいしいのだろうか。

アジアにはまだまだオモシロコーヒーが

マレーシアでは、コーヒー、紅茶を高い位置から落とし、泡立てて入れる大会まである

このほかベトナムでは、アルミでできた独特のフィルターで10~30分くらいかけて、ゆっくり淹れるベトナム式コーヒーがある。これは、お土産としても数多く売られている。

「舗道コーヒー」と呼ばれるストリート系のコーヒーショップでは、カジュアルな格好でこのベトナムコーヒーを飲みながら、金融、政治からライフスタイルなどについて話し、通り行く人を眺めるのが流行っているのだとか。

さらにマレーシアでは、「テタレ」という紅茶と「コピタレ」と呼ばれるコーヒーがとても有名で、高い位置から落とすように泡立てる入れ方には大会まであり、そのパフォーマンスは一見の価値アリだそうだ。これらは、屋台でも飲むことができるし、聞けばネスカフェで作る「ネスカフェタレ」というのもあるらしい。

スターバックスなどのコーヒーチェーン(ミャンマーには、スタバはまだない)は、いまや当たり前のように世界中の街中に点在し、利用されている。ただ、世界有数のコーヒー生産国でもあるアジアの国々には、統一されたスタバでは味わえない、ローカルなオモシロコーヒーと失われつつあるコーヒー魂がまだまだ存在しそうである。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。