「で、エビデンスは?」にムカッときた時の対処6つ 「心の中では相手を言い負かす」を実践しよう

印刷
A
A

これは発見でした。無意識に持っていた、自分の価値観(こだわり)に気づいたのです。

「そうか。私は“エビデンス嫌い”なんだ。だから、エビデンスがとってあるのに、講座の中で、それを伝えることをしてこなかったんだ。でも、それは私自身の好き嫌いだ。次回からは、この講座はエビデンスに基づいていることを最初に言ってしまおう。そうすれば無用なトラブルは避けられる」

と、ここまで考えが至りました。

私の「物語」が変わった

怒りのプロセスを進めていくうちに、私はうれしくなってきました。

自衛隊メンタル教官が教える イライラ・怒りをとる技術 (朝日新書)
『自衛隊メンタル教官が教える イライラ・怒りをとる技術』(朝日新書)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

まず、怒りをケアして、ちゃんと低下させることができました。そのうえで、さらに「今後はきちんと予防できる」という思考にまでたどり着けたのです。

対処できたという「自信」を実感できると、今度はこの体験を提供してくれた彼に、感謝の気持ちさえ湧いてきます。彼のことを思い出しても、嫌悪感はすっかり薄らいでいました。

このように怒りのケアをすることで、私の中で「講座で嫌な思いをした」という物語が、「いいことに気づかせてくれた貴重な体験」という、違う物語へと変わっていたのです。当然、記憶の残り方も変わってきます(プロセス⑤記憶のケア)。

みなさんは、怒りを感じたら、一発で解決できる万能スキルを求めているかもしれません。

でもどんな怒りでも、私の体験のように、何日もかけて、行ったり戻ったりを繰り返しながらプロセスを進めていくのが、自然で現実的なケアの形です。

怒りのケアを進めた結果、心から納得できる結論にたどり着くこともあれば、単にモヤモヤが薄くなっていくだけのこともあります。どんな場合でも、きちんとプロセスを踏めば、怒りを自然な形で過去のことに移行していけます。

また、どんなメソッドも「合う・合わない」「使いやすい・使いにくい」が人によって、また時と場合によって違います。まずは小さなイライラ事象から、怒りケアの「6つのプロセス」を試し(プロセス⑥繰り返し)、焦らず自分なりの実践を積み重ねていきましょう。

(取材/構成 向山奈央子)

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT