企業は値上げに「強気ではない」という分析結果 コロナ禍から脱していくと価格競争は復活する

印刷
A
A

コロナ禍の影響が弱くなれば価格転嫁も限定的に

コロナ禍が「販売価格判断DI」に与えている影響(コロナダミー)を業種別にみると、業種によって濃淡がある。コロナ禍の影響が大きい宿泊・飲食サービスなどは、価格設定行動が大きく変化している。すなわち、コロナ禍の影響が弱くなれば、今後は価格転嫁が限定的になる可能性が高い。

コロナダミーとコロナ禍の影響を比較するため、コロナダミーとコロナ禍前後の業況判断DIの変化を業種別にプロットした散布図を作ると、グラフ④のように緩やかな負の相関があることがわかる。コロナによって業況が悪化した業種ほど販売価格判断DIが押し上げられていた。やはり、足元の販売価格判断DIの上昇は、コロナ禍が押し上げている面があるだろう。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT