中小企業に降りかかる為替デリバティブ損失の重圧


一方、全国銀行協会は紛争解決支援機関を設けており、10年度は同案件の斡旋申立件数が09年度に比べて約2倍(75件)に増えた。ただ、「多額の損失が生じて初めて、デリバティブ取引の中身を知った」と安易な契約事例も見られる。デリバティブ契約問題に詳しいある弁護士は「当時は円高のリスク感覚が薄かったのだろう。ただ、オプション契約までして為替リスクをヘッジするのは中小企業に向いてない」と指摘する。

全銀協の奥正之会長は25日の定例会見で、「企業を積極的にフォローし、各行が解決策を提供することが必要」と言及。融資を受けて契約を清算すれば、企業は借入増という別の“重荷”を背負う。デリバティブ倒産が沈静化しても、潜在的な不良債権の拡大懸念がくすぶり続けるだろう。

(井下健悟 撮影:尾形文繁 =2011年2月5日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 忘れえぬ「食い物の恨み」の話
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT